アップルペクチンとりんごポリフェノールの健康効果まとめ! L4YOU!

りんごの健康効果というとどんなものがあるのでしょうか? 色々と旬な果物が多い秋ですが、もちろんりんごも外せません。今日のL4YOUではりんごの健康効果について詳しく紹介していました。りんごパワーを語る上でのポイントはアップルペクチンとりんごポリフェノール。

りんご

スポンサーリンク
広告(PC)




アップルペクチンの効果

まずは、りんごに含まれるアップルペクチンという物質の効果としては次4つがあるそうです。

①整腸作用:ペクチンが腸内の善玉菌の餌になってその増殖を助けてくれるという。

②コレステロールを下げる:アップルペクチンは腸でのコレステロールの吸収を妨げて、排出してくれるという。そのため悪玉コレステロールも低下するという。

③血糖値の上昇を抑える:ペクチンには糖の吸収を抑える働きがあるという。食事の前にりんごを食べるだけでもかなり血糖値の上昇が抑えられる。

④放射性物質の排出:チェルノブイリ事故で内部被曝した小児60人に3週間ペクチンを摂取させたところ、63.6%%のセシウムを排出したというデータもあるという。

りんごの健康効果はまだまだ注目されている。

りんごポリフェノールの効果

りんごには驚きの健康効果がまだあるという。それは、カテキンやフラボノイドなど抗酸化物質などを総称してりんごポリフェノール。

その主成分である、プロシアニジンにはさらに次のような働きがあるという。

①脂肪の吸収を抑える効果:メタボに有効!!脂肪吸収を減らす
②がん細胞の自滅を誘導。
③老化予防。
④りんごポリフェノールはメラニンも抑制して美白効果もあるといわれている。
⑤抗アレルギー作用
⑥筋肉の増加効果

りんごポリフェノールはりんごの皮の部分に多く含まれているので皮ごと食べられる、ミキサーを使ってジュースにするのがおすすめなんだとか。

また、バーモントドリンクにして飲むのもいいという。作り方は、リンゴ酢とはちみつを1対1の割合で混ぜて、これを7倍~10倍にうすめて飲む。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする