ガンの再発・転移はがん幹細胞が原因だった! クローズアップ現代

今やガンになる割合は2人に1人。がんの治療法の研究が日々進歩しているという。クローズアップ現代では、このがんの治療法の研究が紹介されていました。なんでも、がん細胞のなかにはがん幹細胞といういわゆるガンの親玉が存在しているということがわかっているという。この細胞ががん治療のガキを握っている。

kibou

スポンサーリンク
広告(PC)




がん幹細胞と特徴

このガンの親玉の特徴は次のようなもの。

・ガン細胞を作る
・細胞分裂が遅い 普段はじっとしているのでいつ活動するかわからない。そのため治療のタイミングが分からない。
・抗癌剤が効きにくい
・いつ細胞分裂を始めるのかわからない

この幹細胞はガンの細胞の中に1%ほど存在しているといわれていて、この細胞を退治しない限り、ガンは再発・転移を繰り返すという。

新たなガンの治療法の研究

がん幹細胞の分裂を早めて抗癌剤を効くようにする研究

普通のがん細胞は分裂増殖するときにDNAの二重らせん構造が解けて不安定になる。この増殖した時こそ抗癌剤はがん細胞を捉えて狙い撃ちして破壊する。このように抗癌剤はがん細胞が頻繁に分裂するからこそ効く。

一方、がん幹細胞は分裂の頻度が非常に低いので抗癌剤が効きにくい。なのでがん幹細胞を分裂させることで抗癌剤を効くようにする。

がん幹細胞の中に分裂を遅くするFbxw7という遺伝子があることを突き止める。この遺伝子を弱める事ができれば、分裂しやすくなり抗癌剤がよく効くようになるのでは。

これを踏まえたマウスの実験ではガンの再発率が5分の1にまで減らすことができたという。

リウマチの薬を使ったがん幹細胞を撃退する研究

思わぬ薬ががん幹細胞に効くかもしれないという。実際の患者さんで臨床研究が行われている(ただし現在は患者さんを募集していないとのこと)。その薬とはあるリウマチの治療薬。

この治療薬を使うことでがん幹細胞の栄養源の入り口を塞ぐことができて消滅させることができるという。

これらの治療法はまだ臨床研究の段階なのでどのような副作用や具体的な効果あるのかわからない状態。今後10年ほどでがん治療はかなりいい方向に変化してくるに違いないようです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする