嗜好品外来はどこにある? ダークチョコレートが高血圧予防・改善になる理由と1日の摂取量

健康カプセルゲンキの時間では、嗜好品を医師が勧める専門外来について取り上げていました。その名も嗜好品外来。血圧を下げる効果があるとして紹介されていたのがダークチョコレートでした。ダークチョコレートのカカオの含有量と1日の摂取量はどのくらいなのでしょうか。

スポンサーリンク
広告(PC)




嗜好品外来のある場所や嗜好品を決める流れ

そもそも嗜好品とは栄養摂取を目的とせず、味やにおい、刺激を楽しむための物。嗜好品外来があるのは埼玉県は戸田市にある戸田中央総合病院。

嗜好品外来を担当するのは循環器内科が専門の椎名一紀先生でした。

この嗜好品外来では、例えば血圧が高い患者で、薬を処方するまでもないというような場合、生活習慣病の予防のため嗜好品を試してみるというような、楽しむ健康増進を目指しているという。

およそ2年前に、嗜好品外来は日本で初めて開設されたそうです。

こちらの外来では、主に高血圧や動脈硬化の予防改善を目的とした嗜好品を勧めているとのこと。

嗜好品を決める流れとしては食生活に関するくわしい問診票や血液検査、血管年齢、場合によってはMRIなどの検査をした後で決めるそうです。

ダークチョコレートは血圧を下げる理由と1日の摂取量

番組では、血圧は正常範囲だが、その範囲内でちょっと高いという人を診察してもらっていました。

この方は、血圧を下げるための嗜好品としてダークチョコレートを勧められていました。ダークチョコレートを選んだ理由はエビデンスがあるからだという。

ここで言うダークチョコレートはカカオの含有量が70%以上もの。

カカオが多く含まれているとその分ポリフェノールも多く含まれているので心臓や血管に良いとされているという。

もちろんカカオが多く含まれているので通常のミルクチョコレートよりはかなり苦味があるようです。

1日のダークチョコレートの摂取量はおよそ20gから30gくらいだという。

実際にこの外来に1年ほど通っている70代の女性は、血圧が高かったのが、このダークチョコレートを毎日、普通の食事の合間に食べることで血圧が正常になったということでした。

ダークチョコレートが血圧を下げるのにはエビデンスがあるということでしたが、これは以前に日本で行われたカカオポリフェノールに関する調査が行われたためです。

これによると、347人の参加者がカカオの含有量70%以上のチョコレートを毎日25g摂取し、それ以外は普段通りに生活してもらったところ4週間後に再び調査した結果、高血圧の人の血圧が下がっていたとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする