3つの頭痛の解消法! 緊張型・偏頭痛・激痛型 駆け込みドクター

だれでも身近に起こりうる病気、日本人に3000万人もいるとされる。11月17日の駆け込みドクターのテーマは頭痛。番組では最強ドクターが頭痛を徹底解説。頭痛を3つのタイプに分類、そしてそれぞれの解消法を紹介。番組では、街頭での聴きとり調査を行なう。その結果多くの女性が頭痛に悩まされていることが判明。目の横が痛む、首の後が痛いなど様々な箇所で頭痛を感じているようです。

頭痛

頭痛のタイプは3つある

日常的な頭痛のタイプは3つあるという

①ジワジワ型:緊張型頭痛とも呼ばれている。締め付けられるような痛みが1日中続く。

原因と解消法:几帳面すぎる性格の人がかかりやすく、肩や首のこりが原因で筋肉が収縮して血管や神経が圧迫されて頭痛が起こる。リラックスして首や肩を温める(入浴やマッサージ等)と効果的とのこと。

頭痛体操でジワジワ型を解消

①肩をゆっくり上げ下げ運動…3回行なう
②首を横に倒す(左右)…3回行なう
③首を回す(左右)…3回行なう

②ズキズキ型:緊張型頭痛よりも痛みが強いとされる、偏頭痛型で頭の片側、あるいは両側が強く痛くなる。

原因と解消法:仕事ができなくなるくらい痛い、吐き気や嘔吐を伴う場合はこのタイプの頭痛。偏頭痛の原因は、何らかの刺激によって頭の血管が拡張して炎症を起こすことで起きる。

天気が悪いと頭痛を起こす人がいる。また、低気圧が近づいてきた時なども同じ。また、朝食抜きも偏頭痛に良くないという。これがストレスになり偏頭痛の原因になることもあるという。その他、温度差や人混み、寝過ぎなども偏頭痛の原因となる場合があるという。

ウィークエンド頭痛という偏頭痛もあり、土日など仕事休みでリラックスして緊張がほぐれることで、血管が拡張して起こるものもある。この場合は、何か緊張をすることを行なうことで対応することができる(スポーツなど)。

偏頭痛の原因の食べ物

チョコレートや赤ワインなどにはポリフェノールが含まれており、偏頭痛を引き起こす場合がある。また、チーズなどをたべても起こる場合があるという。

原因となる生活習慣を改善することが偏頭痛解消のポイント。また、保冷剤などで頭を冷やすというのも解消のポイント。

偏頭痛と緊張型頭痛が混ざっている時は、その時の痛みに合わせた対処法する。

③激痛型:群発頭痛ともよばれ、患者数は少ないが眼の奥が強烈に痛くなる。

原因と解消法:1年から3年周期で発症するケースが多い。毎日のように激しい頭痛が起こる。症状が3ヶ月続くケースもある。1万人に1人の割合で20代から40代の男性に多いという。

この場合の頭痛の解消法は専門医に相談がベスト。

耐え難い頭痛の対処法 ペインクリニック

あれこれ試しても頭痛が解消しない場合は、ペインクリニックを利用するのも1つの方法。ペインクリニックのペインは痛みのことで、痛みの専門クリニック。頭痛だけでなく、関節痛、腰痛などの痛みを取り除く治療を行っているところ。
日本ペインクリニック学会認定医は全国に1500人。番組では東京クリニックが紹介されていました。

痛みの悪循環をストップ

痛みが起こると、痛みの周辺の筋肉が緊張する、そして血の巡りが悪くなり老廃物が溜まる。するとさらに痛みが強くなる。この繰り返しで痛みが強くなるという。

ペインクリニックでは、この痛みの循環をストップさせる。痛みを起こしている神経のところに麻酔薬を少し入れることで血の巡りが良くなるという。そうすると、たまっている悪い老廃物が流されていく。そして痛みが弱まるという。

いわゆる神経ブロックと呼ばれる。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする