*

歯周病の治し方と唾液を増やす方法! ゲンキの時間

スポンサードリンク

歳を取るごとに歯の悩みが増える。実際、20本以上歯を有する人の割合は40代から減りはじめ80代では20%くらいにまで落ち込む。綺麗にしているつもりでも、お口の中はばい菌だらけ。歯を失う原因となるのが歯周病です。健康カプセル!ゲンキの時間では歯周病の治し方や予防法などが紹介されていました。実際に3人の方の唾液量から歯周病のなりやすさもチェックしていました。

歯周

意外と自覚症状がない歯周病

番組では、歯の検診を3人のチャレンジャーが受ける。歯には自信がある方、ない方両方が含まれている。
まずはプロービング検査を行い歯周ポケットの深さを調べる。プローピングとよばれる器具を使って深さを測る検査。その深さが3ミリ以下だと問題なしで、4ミリ以上だと歯周病の疑いがあるという。

3人とも残念ながら歯周病になっていた。中には7ミリと重度の歯周病の歯があることも判明。

歯周病の原因

歯周病はプラーク(歯垢)が原因で起きる。歯垢はバイ菌の塊。特に運動性のあるバイ菌は歯槽膿漏では悪玉と言われている。

歯周病はどうやって予防する?

歯周病の予防法のひとつに、ブラッシングがあるという。一見丁寧に磨いているようでも実際に磨けていない場合が多いという。特に歯と歯茎の際(きわ)は細かく揺らすようにブラッシングする。

そして、磨く順番をしっかりと決めて、一定方向にブラッシングする。あちこちに歯ブラシを口の中で行ったりきたりさせないこともポイント。

唾液も大切

番組では、3人の方に、サリバテストという唾液検査を受けてもらい、唾液の量と質を計測。歯周病がない方の唾液量は12.5ml~19.5mlだったのに対し、歯周病の方はなんと3mlと唾液量が少ないことが判明。

歯周病は年齢とはあまり関係がなくて、しっかりとケアをしているかどうかが問題。ちゃんとケアしている高齢者は歯周病になっていないという。87歳にして歯の数が25本を維持している女性もいるそうです。

酢の物を食べたり、糖分塩分を控え、ゆっくりよくかんで食べることが唾液量をアップさせるポイント。

つまり、生活習慣を改善することで歯周病はコントロールすることができる。

歯周病の治し方! 動脈硬化や心臓病、糖尿病にも影響?

歯周病と糖尿病に罹患した女性のケース

歯周病は特に糖尿病と関係があることが最近わかってきているという。実際に糖尿病と歯周病に悩んだ女性の方は、自覚症状がなかったという。糖尿病がわかったのは会社の健康診断でのこと。

その後精密検査をして、薬を飲むという糖尿病治療をする。しかし、一向によくならず、歯の違和感があったので主治医に相談したところ、歯科医を紹介してくれたという。

そこで、歯科医で麻酔をして歯石を取ってもらい、ブラッシングの指導を受け、デンタルフロスなどでしっかりと歯垢をとったという。

その結果、2年間の治療で歯周ポケットの深さも改善して、血糖値の値も大幅に下がっていったという。

つまり、歯周病菌はインシュリンの働きを低下させることがあるという。その結果、血糖値があるという。このほか、動脈硬化や心臓血管疾患、なども関係があるとされて注目されている。

歯周病の方は、動脈硬化や心筋梗塞になるリスクは普通の人の3倍高まるそうです。

ad

スポンサードリンク

関連記事

停滞腸の解消法とは? モーニングバード!

停滞腸というのをご存知でしょうか。秋から冬に変わるころは気温の寒暖差がとても激しい。この寒暖差が腸に

記事を読む

カビ・ダニ・水虫対策の実践のすすめ! ためしてガッテン5月29日

お好み焼きなどの粉の保存に注意! ためしてガッテンでは、ふとしたことでダニアレルギーになった方を取

記事を読む

アルツハイマー予防の食事はカレー?指の体操でも予防?今でしょ講座

認知症の予防法が今話題を呼んでいる。認知症の1つであるアルツハイマーを予防する食べ物や予防する運動な

記事を読む

危険な血圧サージ 突然血圧が高くなる 55mmHg上がると注意?

ガッテンでは、普段血圧が正常値だったが突然脳卒中で倒れた男性を取り上げていました。この男性は脳卒中で

記事を読む

認知症は5つの兆候で早期発見!あのニュースで得する人損する人

あのニュースで得する人損する人では、認知症の5つの早期発見の兆候がテーマ。また、認知症予防ができる食

記事を読む

GERD(ガード)胃食道逆流症の予防法 あさイチ6月24日

GERD(ガード)とは、胃酸が逆流することで起こる胃食道周辺のトラブルの総称のこと。逆流性食道炎もガ

記事を読む

アルツイハイマー病は食べる順番で予防できる? モーニングバード

アルツハイマー病の面白い予防法がモーニングバード!で取り上げられていました。なんと、いわゆる食事法を

記事を読む

四肢末端冷え性の対策!内蔵型と下半身型の冷え性とは?

冷え性には3つのタイプが存在しているという。四肢末端型冷え性、内蔵型冷え性、下半身型の冷え性の3つに

記事を読む

パクチーの老化予防効果とヒ素などの有害物質の解毒排出効果 あさイチ

あさイチではパクチーの特集をしていました。パクチーの香りには秘められた様々な効果があるとのこと。アン

記事を読む

MCI軽度認知障害と認知症予防法?くくかかとは?あさイチ

MCIという軽度認知障害を見つけることが認知症予防につながるという。認知症になってしまうと進行をゆる

記事を読む

ad

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1日20粒の素煎りピーナッツで血圧が下がる理由とは? 酢ピーナッツの作り方

ジョブチューンでは、冬に上がりやすい血圧を下げる話題について紹介してい

趣味を始める時に形から入るタイプは収入が高くなりやすい?

ホンマでっかtvでは、趣味を始めるときは、初心者でも良いもの(ブランド

たけしの家庭の医学 くるぶしをマッサージするだけで頻用改善する理由とは?

たけしの家庭の医学では、体のある部分をマッサージするだけで頻尿を抑える

キクイモのイヌリンが中性脂肪を減らす? 1日の摂取量は10g?にんにくにもイヌリンが多い?

たけしの家庭の医学では、中性脂肪を効率的に減らす方法として、キクイモを

誤嚥予防のブロッコリースプラウトの葉酸入りスムージーの作り方とは?

誤嚥を予防するには葉酸が必要とのこと。名医のTHE太鼓判では、葉酸入り

→もっと見る

PAGE TOP ↑