誤嚥予防のブロッコリースプラウトの葉酸入りスムージーの作り方とは?

誤嚥を予防するには葉酸が必要とのこと。名医のTHE太鼓判では、葉酸入りスムージで誤嚥性肺炎を予防する方法を紹介していました。また、ジャーナリストのモーリー・ロバートソンさんは、寝ている間にゴホゴホと咳をしていました。これは、誤嚥性肺炎のリスクのある咳とのこと。モーリー・ロバートソンさんの1日に密着し、その睡眠を調査していました。

スポンサーリンク
広告(PC)




誤嚥防止 葉酸入りスムージの作り方

番組では誤嚥性肺炎肺炎の予防策としてとりあげたのは葉酸を摂る方法でした。呼吸器が専門の大谷義夫医師が誤嚥を予防する食べ物としてビタミンB群の葉酸が豊富に入ったスムージの作り方を紹介してくれました。

先生は毎朝この葉酸入りスムージを飲んでいるとのこと。使用する材料は、肺の機能を高めるとされるりんごなど。一番重要な食材はなんとブロッコリースプラウトだという。

ブロッコリースプラウトには葉酸が豊富に含まれているとのこと。

葉酸は脳の神経伝達物質のドーパミンの合成には欠かせないという。

ドーパミンが作られないと嚥下反射が低下し誤嚥をしてしまうとのこと。

  • りんご…1個
  • バナナ…1個
  • ヨーグルト…180g
  • ハチミツ…適量
  • ブロッコリースプラウト…30g

ジューサーにカットしたりんご、バナナ、ヨーグルトとはちみつ、ブロッコリースプラウトを入れて、3分混ぜれば完成とのこと。

モーリー・ロバートソンさんの咳が誤嚥のリスクあり?

番組では、ジャーナリストのモーリー・ロバートソンさんに密着しその睡眠に異常がないかどうかをチェックしていました。

この日は午前に2時40分に就寝。しばらくするといびきをかき、20秒ほど無呼吸状態になっていました。

さらに、ゲホっという苦しそうな咳も寝ている間に起こっていました。

その後もゴホッっと苦しそうな咳をしていました。これは誤嚥性肺炎を招く危険な咳だということでした。

そうこうして5時半に起床。睡眠時間は3時間程度でした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする