足裏のゆがみ解消法とは はなまるマーケット5月30日

はなまるマーケットでは足裏のゆがみがテーマで解消法やストレッチ法が紹介されていました。足裏のゆがみをを放置しておくと、肩こりや腰痛、外反母趾の原因にもなることがあるという。また、歩くとかかとが痛いとか、足にタコがよくできるという方は足裏がゆがんでいるかもしれません。

ジャンプ_min

足裏のゆがみとは

足裏のゆがみは、足の裏にある縦アーチ、横アーチが崩れることで引き起こされる。合わない靴を履いたりするとこのアーチが崩れてしまう。このアーチの崩れが足裏のゆがみ。女性の9割近くが、横アーチが崩れているという。

横アーチの崩れの症状としてまず現れるのが足裏のタコ。タコがある場所は過剰にすれているということで、足がゆがんでいることを意味しているという。

横アーチが崩れることで、足の幅が広がり、これが原因で今までの使っている靴を履いたときに足の親指が圧迫されて、外反母趾の原因にもなるという。

この横のアーチが崩れているひとは、自分に合ったサイズの紐のついた靴をえらぶといいそうです。紐で縛ることでアーチをサポートすることができるとのこと。

横アーチのチェック法・ストレッチ法

足の指を床と平行にして広げて、閉じるという動作を行ってみる。足の指が浮いたりしたらだめこれができなかれば、横アーチが崩れている可能性があるという。適切なストレッチをすることで固まった筋肉をほぐすことで解消することが可能とのこと

次に固まった足をほぐすストレッチ

①ゴルフボールを用意して、椅子に座りながら、足裏全体でボールを包むようにして押す。
②ゴルフボール土踏まずの真ん中で押し、足の指先をパー、グーと開いたり、閉じたりする。
③最後にゴルフボールをつかんで持ち上げる。

縦の歪み解消法

足の縦のアーチのゆがみ解消としてはストレッチが良いとのこと。おすすめのストレッチのやり方は次の通りです。

①膝を伸ばして床に座る。そして足を立てる
②そこからつま先を5秒ほど自分のところに引き寄せる
③次に、伸ばす。これを2、3回繰り返す

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(PC)