*

粉末とろろ昆布の作り方!とろろ昆布の効能!ためしてガッテン

スポンサードリンク

ためしてガッテンでは、とろろ昆布のネバネバにスゴイ健康効果があると紹介。普通の昆布とどう違うのか。またとろろ昆布の効能そして、とろろ昆布は水に浸かるとダマになるという欠点を克服するべく粉末とろろ昆布の作り方なども紹介されていました。

粉末とろろ昆布の作り方

和食の達人、野崎洋光さんが隠し味として実際に使っている粉末とろろ昆布の作り方を伝授。
とろろ昆布は口の中にくっつくということで避けていた方でも安心して食べることができるという。

つまりとろろ昆布を乾燥させて粉にする。

・とろろ昆布20gをフライパンの中に
・4分半加熱しながらほぐす
・熱を冷ましてから
・袋にとろろ昆布を入れて袋ごと揉む。粉末になったら完成

この粉末を刺し身にまぶす、みそ汁に入れる、ふりかけにするなどして食べるとワンランクアップの味になるという。

とろろ昆布の効能とは?

最近、とろろ昆布の健康効果が色々と研究されている。次のような健康効果がとろろ昆布にはあると考えられている。

・中性脂肪低下
・高血圧予防、ネバネバがナトリウムを外に出す
・お腹スッキリ、便秘を解消

なぜとろろ昆布なのか

油ととろろ昆布、昆布それぞれを一緒にネズミに摂取した場合、油(中性脂肪)の吸収量に違いが出た。昆布と油を摂取したネズミは油の吸収量が半分だった。

さらに、とろろ昆布と一緒に油を摂取したネズミの油の摂取量はさらに低かった。このことからもとろろ昆布は中性脂肪の低下させる働きがあることがわかった。

とろろ昆布にはアルギン酸がたくさん含まれている。その理由は、昆布の薄さにあった。とろろ昆布はなんと0.01ミリで細胞よりも薄い。アルギン酸は細胞壁と細胞壁の間に存在している。つまりとろろ昆布はアルギン酸の宝庫。

ad

スポンサードリンク

関連記事

誤えんを防ぐ食べ方は飲み込んだ直後に息を吐くこと飲み込む時にうなずくと良い? 喉仏を上にあげる3つの方法とは

誤嚥を防ぐには食べ方や姿勢が重要だという。その方法はわりと簡単で、飲み込んだ直後に息を吐く、飲み込む

記事を読む

くも膜下出血!原因と治療法、危険な頭痛とは?あさイチ

くも膜下出血は男性に多いイメージですが、実は女性が7割というから驚きです。脳にできた動脈瘤というコブ

記事を読む

教訓のススメ 睡眠障害!向井理もそうだった?

教訓のススメでは、睡眠障害がテーマでゲストに向井理さんが登場。10年間、向井理さんがが4時間睡眠を続

記事を読む

頻尿を解消させる水分の摂り方とは?

頻尿でお悩みという方は確かに病気が原因でということも確かにあります。しかし、特段病気ではないという方

記事を読む

GERD(ガード)胃食道逆流症の予防法 あさイチ6月24日

GERD(ガード)とは、胃酸が逆流することで起こる胃食道周辺のトラブルの総称のこと。逆流性食道炎もガ

記事を読む

夜の咳は肺のむくみが原因かも 内臓のむくみチェック法 L4YOU8月27日

内臓もむくむことがあるそうです。手、脚、顔はもちろんのこと内臓もむくむことがあるということでした。内

記事を読む

赤味噌と白味噌の食べるタイミングは朝と夕? とうふ工房ゆうのおからサラダの作り方

ゲンキの時間では、とうふ工房ゆうという豆腐屋さんのおからサラダの作り方やおからがで便秘予防ができる理

記事を読む

正しい呼吸法のやり方で機能的残気量を減す 健康カプセル!ゲンキの時間

歳を取ってくるとなんだか、ちょっと歩いただけで息苦しくなることはありますが、年齢だけが息切れの原因で

記事を読む

機能性ディスペプシア?胃と口臭の関係!ニンジンで胃がん予防?

健康カプセルゲンキの時間では胃の常識、非常識が紹介。胃と口臭の関係やピロリ菌、消化が良い食べ物から胃

記事を読む

アボカドに膝の痛み抑える効果 1日の摂取量は週に3個半?

12月12日のたけしの家庭の医学では、膝の痛みを軽減させる食べ物としてアボカドが紹介されていました。

記事を読む

ad

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1日20粒の素煎りピーナッツで血圧が下がる理由とは? 酢ピーナッツの作り方

ジョブチューンでは、冬に上がりやすい血圧を下げる話題について紹介してい

趣味を始める時に形から入るタイプは収入が高くなりやすい?

ホンマでっかtvでは、趣味を始めるときは、初心者でも良いもの(ブランド

たけしの家庭の医学 くるぶしをマッサージするだけで頻用改善する理由とは?

たけしの家庭の医学では、体のある部分をマッサージするだけで頻尿を抑える

キクイモのイヌリンが中性脂肪を減らす? 1日の摂取量は10g?にんにくにもイヌリンが多い?

たけしの家庭の医学では、中性脂肪を効率的に減らす方法として、キクイモを

誤嚥予防のブロッコリースプラウトの葉酸入りスムージーの作り方とは?

誤嚥を予防するには葉酸が必要とのこと。名医のTHE太鼓判では、葉酸入り

→もっと見る

PAGE TOP ↑