GERD(ガード)胃食道逆流症の予防法 あさイチ6月24日

GERD(ガード)とは、胃酸が逆流することで起こる胃食道周辺のトラブルの総称のこと。逆流性食道炎もガードの一つの症状。このガードがひき起こすトラブルは、咳や中耳炎、貧血、不眠、虫歯など様々あるという。

逆流性食道炎には、胃カメラで炎症がわかるタイプとわからないタイプ(非びらん性胃食道逆流症)の2種類がある。この2つをあわせると、日本人の5人に1人の割合でガードになっている人がいるのではないか? と推定されているそうです。

GEARD(ガード)の予防法

枕2個とチューイングガムでも簡単にGERD(ガード)を予防することができるという。

ガムによる対策

ガムは、噛むことで唾液がたくさん出る。この唾液が食道を守ってくれるという。唾液は中性で、たくさん出ると全部飲み込むので、食道の中に逆流してきた胃液を洗い流して、ちょっと残った胃液を中和してくれる働きがあるという。

食後にガムを食べるだけで、胃液の逆流が3割以下にまで抑えられるというデータもあるという。

枕を使った対策

メインと補助枕の2つを用意して、頭を高くして寝る。コツは上半身に少し傾斜をつける。まるで坂道で寝るような感じで段差をつける。これで胃の逆流を抑制する作戦。

また食道を守るためのポイントとして次の3つのポイントが紹介されていました。

①太らない:痩せることで腹圧がさがるので胃液が逆流しにくくなる。

②食べてすぐ寝ない

③市販薬に頼りすぎない!

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(PC)