紅鮭のごま油焼きでかたせ梨乃さんも老眼改善 老眼の人はただ鮭を食べて老眼に効果なし

こんな私は何をたべればいいですか?では、紅鮭のごま油焼きを作って食べることで老眼の改善予防する方法を紹介していました。かたせ梨乃さんも3週間で老眼が改善していました。実際問題、もうすでに老眼の人は、ただ鮭を食べても効果がないとのこと。そこで、鮭をごま油にすると効果的とのこと。

紅鮭ののごま油焼きの作り方

まずは老眼の予防に良いという鮭のアスタキサンチンという成分ですがそのまま鮭を焼いて食べても効果がないとのこと。

そこでごま油焼きにして食べると良いとのこと。

なぜごま油焼きにするのか

アスタキサンチンは油と一緒にとらないと吸収率が下がるということでした。

でもごま油と一緒に食べる理由は、ごまのセサミンがアスタキサンチンが眼にたどり着くまで保護してくれるためです。

どうやって作るのか

実際のごま油焼きの作り方は次のとおりです。

  1. ごま油をフライパンに大さじ1引きます。
  2. 続いて紅鮭を1切れ入れて、中火で両面焼きます。
  3. 皮もしっかりと焼いて臭みを取ります。

皮にもアスタキサンチンが豊富に含まれているので皮まで食べるようにします。

どのくらい食べればいいか

専門家の医師によると、この鮭のごま油焼きは1日1切れを3週間食べれば老眼予防・改善の効果が出始めるということでした。

かたせ梨乃さんも老眼が改善

実際に老眼に悩むというかたせ梨乃さんが紅鮭のごま油焼きを食べて検証しました。

毎日ごま油焼き1切れを食べるのを実践。

8日目で目に変化が現れたそうです。それは目の乾きが少なくなったことでした。つまりドライアイが改善されたという。

また、景色が明るくなったそうです。

そして3週間実践した結果、左目の老眼度2だったのが1に改善し、右目が3だった老眼度は2に改善していました。

まとめ

老眼でお悩みの方は紅鮭のごま油焼きを1切れ3週間実践してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする