オクラ茶の作り方と1日に飲む量と飲むタイミング? 斉藤こず恵さんも血糖値199から71に改善

『こんな私は何をたべればいいですか?』では、糖質が抑えられない、そして高血糖だけど糖質の多い食生活をしているという方にぴったりものとしてオクラ茶を紹介していました。オクラの食物繊維で高血糖を予防することができるとのこと。番組では斉藤こず恵さんがその効果を検証しました。詳しく教えてくれたのは高血糖の方の食事療法など行っている下北沢病院の富田益臣先生でした。

オクラ茶の作り方

富田先生によると、茹でずに、炒めず、そして揚げずにオクラの食物繊維を効率よくとる方法としてはオクラ茶がおすすめだという。

オクラ茶の作り方は次のとおりでした。

材料(1リットル分)

  • オクラ:10本
  • 緑茶パック(水出し用):2個
  • 水:1リットル

作り方

  1. 緑茶をお茶のポットに入れます。水出し用の緑茶パックを2つ入れます。
  2. オクラ10本の根本を切り、先程のお茶ポットの中に入れます。
  3. そこに水1リットル加えます。
  4. あとは冷蔵庫に入れて8時間保存しておけば完成です。

飲むタイミングと飲む量

続いて、オクラ茶の飲み方と飲む量ですが、食事の前にコップ1杯飲むだけで良いとのこと。

そしてこれを3週間続けると効果が出るそうです。

注意点はオクラ茶は1日で飲み切るようにします。また、オクラは毎日新しいものに交換します

オクラ茶の効果 斉藤こず恵さんで3週間の検証

オクラ茶の効果がどれだけなのかを番組では検証。挑戦したのは斉藤こず恵さん51歳でした。

まずは血糖値の測定です。腕につけて測る血糖値測定器を使い斎藤さんの血糖値を測りました。

するとなんと199という数値を叩き出してしまいました!これはかなり危険な数値で126を超えると糖尿病の可能性ありと診断されます。

そこで、オクラ茶生活を開始。斎藤さんのオクラ茶生活は食前にオクラ茶を飲むだけです。

7日目でなんと199だった血糖値が173まで下がりました
そして3週間後スタジオで血糖値を測ったところ血糖値が71にまで下がっていました

またお通じの方も良くなってきたとのこと。さらに体重も83.3kgだったのが3週間後78.3kgと5kgも減少していました。

まとめ

1リットルに対してオクラ10本、これを1日に飲み切るのですからオクラの量が結構かかります。

3週間続けるとしてオクラ10本×21で210本のオクラを用意しなければいけないのでコストが結構掛かります。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする