世界一受けたい授業 不足すると逆に太る3つの栄養素 脂質とビタミンB1、糖質

世界一受けたい授業では不足すると逆に太る栄養素3つを紹介していました。その3つは脂質とビタミンと糖質でした。番組ではなぜ、脂質やビタミン、糖がが不足すると逆に太りやすくなるのか詳しく解説していましたのでまとめました。

不足すると逆に太る栄養素3つ

番組では3つの栄養素を取り上げ、なぜ不足すると太りやすくなるのかについて紹介していました。

脂質

まず最初に取り上げていた不足すると逆に太るという栄養素の一つには脂質がありました。

なんでも、脂質が不足すると増える行動に間食があるそうです。

つまり、脂質が不足すると間食が増えるので太りやすくなるとのこと。

間食が増える理由は満腹感を得にくくなるためだということでした。

ビタミンB1

2つ目はビタミンでした。特にビタミンB1は太りにくい体作りに重要な要素の一つとのこと。

ビタミンB1は豚肉、うなぎに含まれています。

ビタミンB1が重要な理由は糖質の代謝に関わる栄養素だからです。

不足することで糖質をうまくエネルギーに変えることができなくなってしまう
ので太りやすくなるとのこと。

糖質

最後の栄養素は糖質でした。米やチョコレート、フルーツに含まれている糖質は筋肉や肝臓、脳のエネルギー源になります。

頭を使ったときなどは脳の働きが活発になり消費エネルギーがアップするとのこと。

感想

皆さんはこれらの栄養素はしっかりと摂っていますでしょうか。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする