コーヒで1日3杯で夏太り解消効果 飲むタイミングは運動前

今でしょ講座では、コーヒーを1日3杯を飲むことで夏太り予防できる理由について取り上げていました。また、コーヒーを飲むタイミングや運動と合わせると効果がさらにアップすると紹介。夏に飲むなら緑茶などのお茶のほうが良いみたいですが脳卒中と夏太り予防に関してはコーヒーのほうが良いということでした。

コーヒー1日3杯で夏太りが予防できる理由

夏は意外と太りやすいそうです。というのも熱くて疲れているときはうどんやそうめん、冷やし中華といった炭水化物で済ませてしまうと非常に太りやすくなってしまうとか。

そこで、この夏太りを予防するのに良いとされる飲み物として番組で取り上げたのはコーヒーでした。

飲む量は1日3杯

なぜ、コーヒーが夏太り予防に良いのかというと1日3杯飲むと脂肪燃焼量がなんでも2倍にアップするからだそうです。

コーヒーで脂肪燃焼量がアップする理由

コーヒーに含まれているクロロゲン酸という成分が糖質の吸収を抑えて、脂質の代謝を促進させるそうです。

さらに、コーヒーに含まれているカフェインはリパーゼという脂肪分解酵素を活発にする働きがあるとのこと。

これらのことからコーヒーを飲むと夏太りを予防することができるとのこと。

コーヒーを飲むタイミングは運動前

さらに、運動とコーヒーをかけ合わせると更に脂肪燃焼効果が高まるとのこと。

ポイントは飲むタイミングにありました。

運動前に飲むと脂肪燃焼効果がアップするとのこと。

カフェインやクロロゲン酸は飲んだ30分後くらいに効果が出てくるという特徴があり、その後、3時間位で脂肪燃焼効果がピークになるとのこと。

なのでその間に運動するのがベストだということでした。

感想

運動する前に1杯のコーヒーということで良いみたいです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする