味噌ラーメンが太りにくい理由とは? 揚げ物にはレモン汁

世界一受けたい授業では味噌ラーメン太りにくい理由について紹介していました。なんでも塩ラーメン、醤油ラーメン、味噌ラーメンの3つを比較した場合味噌ラーメンが一番太りにくいんだとか。また、揚げ物にはレモン汁をかけると代謝がアップするとのこと。詳しく教えてくれたのは管理栄養士の赤石定典先生でした。

味噌ラーメンが太りにくい理由

なぜ塩、醤油ラーメンより味噌ラーメンが太りにくいのか気になるところ。

それは、味噌の原料になっている大豆のサポニンという成分に太りにくい理由が隠されていました。

大豆に含まれているサポニンという成分には余分な糖質や脂質の吸収を抑える働きがあるとのこと。

なので、ラーメンを食べるんだったら味噌ラーメンを選んだほうが太りにくいということになります。

揚げ物にはレモン汁

この他にも先生はいろいろなダイエットにまつわるネタを紹介してくれました。

その一つに揚げ物にはレモンが良いと教えてくれました。

レモンに含まれているクエン酸は代謝を助ける働きがあり、さらに、エリオシトリンという成分が含まれていてこれが腸内で脂肪の吸収を抑える働きがあるそうです。

感想

栄養素の世界は奥が深そうですね。ちょっとした食べ合わせで代謝がアップしたりするので、少し勉強しておいたほうが良いかも。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする