メタボローム解析で唾液からガン・血液でうつ病発見が可能になる? 夢の扉

がん検診というと、ガンの種類も豊富なので実際どのような感じで行われるのかわからないことだらけですが、メタボローム解析という技術で唾液からガンや血液からうつ病の精神疾患などを発見する事が可能になるという。夢の扉+という番組ではこのメタボローム解析の技術のすごさが紹介されていました。

kenkyuu_min

スポンサーリンク
広告(PC)




発見が難しいすい臓がんも唾液から発見できるメタボローム解析

すい臓がんはとても発見が難しいガンとされ、5年生存率が10%以下というかなり厄介なガン。ガン治療の定石はやはり早期発見。この早期発見を可能にする技術が今注目を集めている。それがメタボローム解析。

この解析技術は、健康な人の細胞とがん細胞から排出される代謝物を比べることでガンの可能性があるかどうかを判断する方法。

これまでも、細胞から排出される代謝物によるがん細胞の発見は行われていたが、血液や尿から排出される代謝物を分析できるのはせいぜい数十種類が精一杯。しかしメタボローム解析を使うと数百種類の代謝物をいとも簡単に解析することができる。

ちなみに、すい臓がんに関しては患者の99%の精度で判別することが可能とのこと。口腔がんに関しては、だいたい80%の割合で発見することができそうです。乳がんに至っては95%の精度だというから驚きです。

精神疾患などにも応用されている

このメタボローム解析によって、うつ病などの精神疾患までも発見することができるという。精神疾患の判定法はこれまでだと、カウンセリングなどといったオーソドックスな方法が主流。

でもこれからは血液検査によってうつ病かどうかを判断できる時代。具体的な数値で表わされるため、適切な薬の量の調節なども期待できる。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする