トレッキングでひざ痛・腰痛を改善? 健康カプセル!ゲンキの時間

トレッキング(山歩き)をすることで、ひざ痛や腰痛を改善することができるという。なんでも、正しいトレッキングは、体のバランスを整えて結果的に足腰の負担を軽減するという。トレッキングはむしろ腰や膝に負担をかけると思っていましたがそうでもないようです。

ひざ

ひざ痛・腰痛を引き起こす原因のひとつには、体のバランスの崩れがあるそうです。左右の重心どちらかに偏っていると、片方の膝にはかなり負担がかかる。

また、姿勢が猫背だったりすると腰に負担がかかったりと、体のバランスはいってみるなら姿勢の生活習慣と関係がある。

スポンサーリンク
広告(PC)




姿勢の簡単チェック方法

左右の重心をチェック

①片足を上げて5秒間キープする。
②これを両足で行う
③右足を上げた時にふらついたら右重心タイプ、逆なら左重心タイプ。

前後の重心をチェック

①3センチほどの高さのあるものにつま先を乗せて立つ。
②かかとを乗せて立つ。
③実際に①、②を両方試してみて、かかとに乗せたほうが姿勢として楽なら後重心タイプ。逆のほうの姿勢が楽なら前重心タイプ。

トレッキング法

左右のバランスが悪いタイプの場合

・三歩目大股歩きを行う。1,2,3と3歩目に力をしっかりと加えて歩く。3歩目に力を入れる足を交互に変えることで左右のバランスを整える。

ペットボトルを使う

・ペットボトルを股で挟んで、小股でイメージを覚えることで足が外側へ行くのを防ぐ

前重心(猫背)の場合
・ザックの胸のベルトを鎖骨の下辺りにする。たったこれだけで姿勢が変わる
・力まずに小股で歩く

後重心タイプの場合

・お腹を引いて目線を少し下げる
・足を蹴るときつま先に重心を置くように意識すると姿勢がよくなる

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする