白内障と老眼の症状の違い?遠近両用レンズとは?モーニングバード

最近、近くのものが見えづらいと感じる。普通なら老眼が原因ですが、なかには白内障を患っているケースもあるという。老眼と白内障は症状が違うようでも似ている場合があるという。モーニングバードでは白内障と老眼の症状の違いから対策法、話題の遠近両用レンズなどが紹介されていました。

そら_min

スポンサーリンク
広告(PC)




白内障のサインと特徴

白内障の前兆は特徴的なものをあげると次のような症状があるという。

・毎日が曇りのようで、視界にかすみがかかっている。それがだんだん濃くなってくる。
・まぶたを閉じてしまうたくなるほどの眩しさを感じる。
・ボールがダブって見える。
・老眼鏡をかけているのに近くが見えづらい。
・近づいてくる人の顔が見分けにくい。

このように、自己判断では白内障かどうかわかりにくいです。

ただし白内障の症状には特徴がある
白内障は遠くも近くも見えなくなることが多い。一方老眼は、近くが見えにくくなってくる。ただし遠くは見える。

白内障の患者の割合は?

すごく初期の人も含めると50代になると2人に1人は検査すると白内障があることがわかるという。
なので眼科医でも50歳を過ぎたら1年に1度は白内障の検査をオススメしているそうです。

白内障の予防・対策

白内障に関係しているのは、春から夏にかけて少しずつ増える紫外線。紫外線があたって水晶体のたんぱく質が酸化する。これによって白く濁る。

外出の時はサングラスや帽子を着用することで紫外線をなるべく防ぐことが大切でこれが予防法になるという。

白内障の治療

白内障は残念ながら自然には治らない。手術で人口のレンズと取り替える。直径およそ6ミリ。遠くを見る用、近くを見る用どちらかのレンズを選ぶ。人工のレンズはどちらかを選択しなければならない(ただし例外もあり)。

麻酔は点眼による局部麻酔。角膜をおよそ2ミリ切開して、中の濁った水晶体を超音波で取り除く。直径6ミリのレンズを入れて完了。
6ミリのレンズが2ミリの穴を通る理由は、レンズをたたんで目のなかに入れることができるから。この人工レンズは非常に軟らかい素材で作られており、筒状に丸められる。
手術の時間もおよそ10分程度で終了。
術後はハッキリ見えるようになるという。
保険適用なので、3割負担で片眼で5万円程度の自己負担。

最近では遠近両用のレンズもあり、こちらは保険適用にはならないので片眼40万円となっているという。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする