キンカンを食べると免疫力アップする理由 1日の摂取量と効果的な食べ方

主治医が見つかる診療所では、キンカンの健康効果として風邪やインフルエンザ予防に良いということを取り上げていました。キンカンは免疫力アップさせる食材の1つだという。その成分であるβクリプトキサンチンが免疫力アップに関係しているという。キンカンの年間収穫量全国1位は宮崎県。宮崎大学の農学博士、水光博士がキンカンの1日の摂取量と免疫力がアップする理由を教えてくれました。

キンカンが免疫力を高める理由

宮崎大学の水光正仁農学博士によると、キンカンには免疫力をアップさせる効果があるということでした。その理由はキンカンに含まれているβクリプトキサンチンという成分にあるという。

このβクリプトキサンチンは免疫細胞であるナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化してくれるという。

宮崎県では風邪を引いたらキンカンをたべるという風習があるところもあるということでした。水光博士自身も60年間インフルエンザにかかったことが無いという。

1日に何個キンカンを食べると免疫力アップに効果的なのか

キンカンが風邪・インフルエンザ予防などに効果的であるということを科学的な根拠が会ったという証明をした水光博士によると、1日に1個から3個たべるだけで免疫力アップの効果があるということでした。

これは先生が調査した結果導き出された個数だということでした。

キンカンの食べ方にポイント

水光博士によるとキンカンの食べ方にも免疫力アップのポイントがあるということでした。

それはキンカンを皮ごと食べることだという。ナチュラルキラー細胞を活性化させるβクリプトキサンチンはなんと、キンカンの皮に多く含まれているとのこと。

また、熱処理をしてしまうとβクリプトキサンチンはこわれてしまうので注意。なのでキンカンは生のまま皮を剥かずにそのまま食べることがベストだということでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする