原監督のグータッチで風邪予防できる理由 握手に比べ90%細菌のうつる量を減らす?

初耳学では原監督のグータッチが医療業界から注目されている理由が紹介されていました。なんでも風邪の予防やインフルエンザの予防になるのではないかと考えられているとのこと。グータッチすることで握手と比べて90%も細菌のうつる量を減らすことができるとのこと。

原監督のグータッチで風邪が予防できる理由

4季ぶりに復帰した原辰徳監督のグータッチが今注目を集めているそうです。どんな業界かいら注目されているかと言うと医療業界です。

ある内科クリニックの医師も、医学的にみてこのグータッチは素晴らしいと絶賛していました。

ちなみに、林先生はこのグータッチで風邪予防できる理由については知っていました。

グータッチは握手と比べ90%細菌の映る量を軽減

林先生の解答は、握手は、ギュッと握ると細菌がたくさん相手に移ってしまうが、それに対してグータッチは細菌がほとんどうつらないというものでした。

林先生は大正解で、実際にグータッチのときの細菌のうつる量は握手をしたときと比較すると90%減になるとのこと。

まとめ

この時期は握手はさけてグータッチがベストですね。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする