ITを活用した中国で行われているスマート養老とは? 大きなビジネスチャンス

2021年11月15日に放送されたWBSでは中国で実際に行われているというITを活用したスマート養老について取り上げていたのでその概要をまとめてみました。中国では、来年65歳の高齢者が全体の14%を超える高齢化社会を迎える。高齢化に対応するためITを屈指した介護に中国はちからを入れているという。

スマート養老という取り組み

番組では中国の市内のマンションに住む夫80歳、奥さんが76歳の夫婦に密着。

夫婦は老人ホームに入所するよりも、自宅で老いていきたいと望んでいます。

奥さんの布団の下には小さなマットが敷いてて、マットのセンサーが空気量の検知、心拍数などのデータを収集している。

さらに、胸につけているのは小さなセンサー。鼓動が早くなったり、動機があるなど問題が見つかるとすぐに近所のデータを管理している病院から連絡が来るようになっていました。

この病院では多くの250人の在宅の高齢者の情報を管理していました。

この病院の理事長は、将来、全家庭、特に持病持ちの高齢者の家庭はバーチャル老人ホームになると予測する

つまり、スマート養老とは、中国流の介護システムでITを活用しネットワークを通じた在宅介護です

スマート養老の市場規模

中国でのスマート養老の市場規模は2014年が25兆円だったのに対し、2020年にはなんと66兆円にも拡大しているという

多くの企業がスマート養老事業に参入し技術を競い合っているということでした。

センサーで取得したデータとAIを使って病気の予測や介護リスクなども判定できる製品の開発なども行われていてこれからもスマート養老の市場は期待できるのではないかということでした。

インターネットなど使ったビジネスに関する書籍

60分でわかる! IoTビジネス最前線[改訂2版] (60分でわかる! IT知識)

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする