ヨモギが血管老化防止や高血圧に良い理由 よもぎ茶とヨモギふりかけの作り方とは?

今でしょ講座では、ヨモギの健康効果を取り上げていました。なんでもヨモギは血管の老化防止や高血圧予防に良いそうです。なんでもβカロテンとカリウムが含まれているからだとか。また、よもぎ茶とヨモギふりかけの作り方や一番ベストな食べ方も紹介していました。

ヨモギが血管の老化や高血圧予防に良い理由

ヨモギには血管に良い成分が入っているとのこと。それはβカロテン。このβカロテンは抗酸化作用をもっていて、動脈硬化を防いでくれるという。

動脈硬化は血管が参加して錆びついたように硬くなること。動脈硬化になると心筋梗塞や脳卒中のリスクが高くなります。

ヨモギに含まれるβカロテンが血管の酸化の原因になる酸化物質からの攻撃を防いでくれるということでした。

ヨモギのβカロテンの量

βカロテンというと緑黄色野菜のかぼちゃを想像しますが、ヨモギに含まれているβカロテンの量はなんとかぼちゃの1.4倍だという。

カリウムが豊富に含まれている

続いて、ヨモギの健康パワーの秘密は、高血圧予防になるカリウムが豊富に含まれいているということでした。

塩分が体の中に入ると血圧が上がるが、カリウムが塩分を外に排出してくれて血圧が上がるのを防いでくれるとのこと。

ヨモギの食べ方

健康長寿のヨモギの食べ方にポイントがあるとのこと。そのベスト3は次のとおりでした。

ヨモギふりかけ
カリウムを無駄なく採れるとして注目されていたのがヨモギふりかけでした。

水で洗った生のヨモギをみじん切りにして、塩を入れてフライパンで水分が飛ぶまで煎れば完成とのこと。

よもぎ茶

カリウムを効果的に吸収できる食べ方として注目を集めたのがヨモギ茶でした。
採ってきたヨモギを水洗いして、急須にいれてお湯を注ぐだけで完成とのこと。

天ぷら

ヨモギを天ぷらにして食べるのが一番良いとのこと。こうすることでβカロテンの吸収率もアップするそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする