大桃美代子さんが若年性白内障?その原因はストレス?

白内障といえば高齢者がかかる目の病気の代表的なもの。老化によって誰しもが発症するので40代の人にとっては関係がないと思いがちです。しかし、大桃美代子さん40代で白内障を発症していた。近年、50代を前に白内障にかかる患者が増えているという。私の何がイケないの?でこのネタは紹介していました。

megane

スポンサーリンク
広告(PC)




白内障とは

白内障とは水晶体が濁り黒目が白くなる。その発症率は男女問わず80歳をすぎると100%の病気。
大桃さんの右目もよく見ると黒目のところが少し白く濁っている。その結果、右目がほとんど見えないという。
周りがぼんやりして白く見えるという。

大桃さんの眼の状態は、かろうじて左側が見えている状態だという。

若年性白内障の原因

大桃さんが医師から告げられた内容は思いもよらないものだった。それはストレス。なんと大桃さんの白内障の原因はストレスだった。

実は他にも原因は、遺伝や紫外線など様々あるが、担当医師によると発症を早めた一因は極度のストレスだった。

大桃さんのストレスの原因

やはり、過去に起こったツイッターの騒動がものすごいストレスだったという。元夫の不倫をツイッターで暴露したことから端を発した騒動(2010年の出来事)。

この時、今までに味わったことがないほどのストレスを感じたという。

症状は日に日に悪化しているという。

若年性白内障の治療法

治療法はやはり手術しかない。そこで番組では1年間の白内障手術8000件の名医を発見。それが日本白内障クリニックの赤星隆幸医師。白内障手術の世界的権威。

入院が必要だった手術を日帰り可能にしたのもこの先生。ちなみに赤星先生は通常20分かかる手術を4分で行うことができる技術の持ち主。大桃さんもこの先生の手術を受けることを決意した。

白内障の手術の費用

気になる白内障にかかる費用は、保健の適用の手術なので3割負担だと片目で約5万5千円ほど。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする