スギ薬局!儲かりの秘密とは?がっちりマンデー

スギ薬局のもうかりの秘密ががっちりマンデーで紹介されていました。最近良く見かける人も多いこの薬局はもともと愛知県生まれで全国に勢力を拡大中なんだとか。持ち株会、スギホールディングス株式会社はドラックストア業界で第3位。年間売上は3652億円にものぼる。

スギ薬局の儲かり戦略とは

現在915店舗展開中のスギ薬局。その儲かりの秘密を見つけるためにその中を覗くことに。以外とのどかなところに立地している。郊外の住宅街のところにポツンとあるところが多い。

大体どのお店に入っても、入り口のすぐ近くに処方箋受付がある。郊外型で処方箋受付があるドラックストア。
もちろんこの処方薬で儲けるのは当然のこと。

スギ薬局にはお薬と同じくらい大切な儲かりの柱がある。

化粧品販売

化粧品販売を支えているのがビューティーアドバイザー。いわゆる美容部員。メーカーではなくてスギ薬局のビューティーアドバイザー。つまり社員。

いろんなメーカーの商品から選んで、よりお客にあったものを紹介することができる。メーカーのスタッフだと自社の商品しかオススメできない。でもスギ薬局の社員なら自由にメーカーの商品を選ぶことができる。

お客さんに丁寧に説明している。

2ヶ月に1回に美容部員で研修会を行っている。共通点は全員すっぴん。ずーと研修中はすっぴん。そしてメイクの練習をする。

大人気のシステムにポイントカードがある

ポイントカードといっても、巷あるようなポイントカードとはちょっと違う。スギ薬局のポイントカードはちょっと違っている。

レジの後ろには景品が積まれている。スギ薬局のポイントは貯まると値引きじゃなくて、商品と交換できるシステム担っている。昔ながらの景品交換方式。

景品の交換カタログには800もの商品アイテムがある。

ちなみにポイントは100円につき1ポイント貯まる仕組み。置き時計やフライパン、オーブントースターなど様々な景品が用意されている。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする