ケトジェニックダイエットのやり方と効果とは?はなまるマーケット

ケトジェニックダイエットというダイエット法があるという。このダイエット法は運動しなくてもお腹いっぱい食べて痩せられると注目を集めている。はなまるマーケットではケトジェニックダイエットのやり方や実践した方の効果が紹介されていました。

蛋白質_min

スポンサーリンク
広告(PC)




ケトジェニックダイエットの効果

このダイエット法の効果は、実際にこのケトジェニックダイエットを研究している斎藤糧三医師ご自身も体験しているようです。なんと2年で18kgのダイエットに成功している。運動は特にいしていないという。

ケトジェニックという言葉の元になっているのは、ケトン体という物質。

ケトン体は脂肪が燃えている時に合成されるエネルギー源。糖質を使い切った後に脂肪由来のケトン体を使って体を動かすようにできている。

ダイエットでは脂肪を燃焼させることが大切、現代人は炭水化物を多く摂取しているため糖質ばかりがエネルギー源とされているので脂肪の燃焼まで行きとどかないという。

つまり、ケトジェニックダイエットは、体の中にある糖質を早く使いきってしまって体のエネルギーとして燃焼させることで減量をする

糖は大切だけれども、体の糖を使いきらないと体の脂肪を取ってくれないということが最近分かっている。

ケトジェニックダイエットのやり方のポイント

ケトジェニックダイエットのやり方の特徴はどこか糖質制限ダイエットにも似ているところがあるようです。

糖質の摂取を抑える

白米であれば1日100g(小さい茶碗1杯)程度に抑える。ご飯の量はかなり少ない。

たんぱく質をしっかりと摂る

ご飯が少ないとお腹が減ります、その分、たんぱく質が多い食品を摂るようにする。肉、魚、卵、大豆などが原料の食べ物がオススメのようです。たんぱく質の摂取は1日60gが目安となる。

たんぱく質を1日60g摂るためには、1日300gのトータルで肉や魚、卵、大豆を食べると到達できる。

なぜ、たんぱく質をしっかりと摂らないといけないか?

たんぱく質は筋肉の原料になる。もしたんぱく質の摂取の制限をしてしまうと脂肪燃焼に役立つ筋肉が細くなるといった影響がでる可能性がある。

糖質をおさえてしっかりとたんぱく質を摂るので満腹感もあり、しっかりとダイエットすることができるという。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする