あさイチ 寺田真二郎さんのレンジで10分で作れる夏カレーの作り方

あさイチでは、電子レンジで10分で作ることができる夏カレーの作り方を紹介していました。この暑い季節に20分も台所でカレーを煮込むのはとてもじゃないけどきついですが電子レンジで10分で作るテクニックを知っておけばこのような心配はありません。詳しく教えてくれたのは料理研究家の寺田真二郎さんでした。

電子レンジで10分で作る夏カレーの作り方

暑い思いゼロの10分で作ることができる電子レンジカレーの作り方と材料は次のとおりでした。

材料(2,3人分)

  • 玉ねぎ:4分の1個
  • 人参:4分の1本
  • じゃがいも:2分の1個
  • 豚こま切れ肉:100g
  • 焼肉のタレ:適量
  • ツナ缶のオイル:1缶分(10g)
  • 水:150ml

作り方

  1. 玉ねぎなどの野菜はレンジでチンするので薄めにカットしていきます。人参やじゃがいもは3ミリ程度に切りましょう。
  2. 次に豚こま切れ肉に予め焼肉のタレをかけて絡めて10分ほどつけておきます。このようにすることで肉が柔らかくなるとのこと。
  3. 次に耐熱ボウルにカットした野菜、ツナ缶のオイルを加えて混ぜます。これで旨味成分がアップするとのこと。
  4. 次にラップをかけて電子レンジで3分(600w)加熱します。
  5. 電子レンジから野菜を取り出し、ここに水150mlを加えて、ラップをして電子レンジで2分加熱します。
  6. 加えるカレールーは5ミリほどにスライスします。そして取り出したボウルに入れて混ぜます。
  7. ボウルを取り出したら、ここでつけ置きしておいたお肉を加え、隠し味にトマトジュースを加えます。これでグルタミン酸とグアニル酸の相乗効果でさらに旨味がアップするとのこと。
  8. そしてラップをしてさらに電子レンジで5分加熱したら完成です。

完成

カレー食べたいけど暑いから作りたくないという方には、レンチンカレーはおすすめです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする