教えてもらう前と後 うめはち麦茶の作り方 熱中症対策に効果的

教えてもらう前と後ではうめはち麦茶の作り方と猛暑に効く健康ドリンクとして麦茶を紹介。番組において、麦茶は熱中症対策にも効果的な飲み物としてその理由などについて取り上げていました。

うめはち麦茶の作り方

番組では、熱中症対策に効果的な麦茶として梅干しとはちみつを加えたうめはち麦茶の作り方を紹介していました。

作り方は次のとおりでした。

  1. まず、梅干しが浸かるくらいのはちみつを瓶の中に入れます。
  2. 常温で3日置きます。
  3. その梅干しを1つと大さじ1杯のはちみつを加えて麦茶を注いだら完成です。

麦茶に塩を加えるてスポーツドリンク

麦茶をそのまま飲むのも良いが、もっと熱中症対策としての効果をアップさせる飲み方があるそうです。

その方法は、麦茶に塩を加えることでした。

専門家によると、麦茶に足りない成分である塩を加えることでスポーツドリンクのようになるとのこと。

1リットルに対して塩1,2gを加える

麦茶に加える塩の分量ですが1リットル当たり1gから2g程度加えると良いとのこと。

麦茶が猛暑に飲むと効果的な理由

なぜ麦茶が猛暑に効くのか。またどういった理由で熱中症対策にも効果的なのか。

麦茶の大麦は体温を下げる

猛暑に麦茶がおすすめな理由としては、麦茶に使われている大麦には体温を低下させる効果があるという。

番組では、本当に麦茶で体温が下がるのか検証。水を飲んだ場合と麦茶を飲んだ場合とでどのような効果が出るのかサーモグラフィーを使って検証したところによると麦茶を飲んだ方は30分後、体は冷えていました。

カフェインレスなので脱水の心配がない

専門家によると、麦茶はお茶やコーヒーと違いカフェインがほとんど含まれていないので脱水を防いでくれるということでした。

感想

まだ蒸し暑い状態が続いているのでうめはち麦茶はおすすめです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする