[世界一受けたい授業]腸が改善する3つの方法 腸活のコツ

ベストセラー&話題の本検証スペシャルのコーナーでは、「新しい腸の教科書」を取り上げていました。この本はいわゆる腸活に関するもので、便秘解消から腸を健康にすることで体も健康になるというのがテーマとなっています。番組では腸が改善する3つのポイントを取り上げていました。詳しく教えてくれたのは著者の江田証先生でした。

腸が改善する3つの方法

その1 食事法

腸内環境を良くするため食事で増やすものがあるということでした。
それは1日に摂取する食品の数。食品の数が増えると腸内細菌の種類も増える。
腸内細菌どうしでお互い活性化するので腸が改善するとのこと。

その2 生活習慣 朝食を摂る

朝食を摂ることで腸が動き、便も動き出すので便秘解消に効果的とのこと。

また、決まった時間にトイレに行くことが大切。便が出なかった場合、手や顔に水をかけてあげると自律神経が刺激されて便意を催すことがあるとのこと。

その3 腸運動

加齢とともに骨盤底筋群が衰えてくる。なのでこの腸を支える骨盤底筋群が弱ってくると
便秘が多くなるとのこと。骨盤底筋群を鍛えるエクササイズも紹介されていました。やり方は次の通りです。

骨盤底筋群を鍛えるエクササイズ

  1. 仰向けに寝て両膝を曲げた状態にします。腕を床につけて体重をかけてます。
  2. 息を吐きながらお尻を浮かせます。
  3. そしてもとに戻します。
  4. これを1セット20回。1日3セット行います。

番組で紹介された書籍

新しい腸の教科書 健康なカラダは、すべて腸から始まる(池田書店)

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする