[世界一受けたい授業]米のとぎ汁で水キムチの作り方

2021年9月4日放送の世界一受けたい授業では、お家でかんたんにできるDIY発酵食品を特集していました。その中で米のとぎ汁を使ってかんたんに作ることができる水キムチの作り方を紹介していたのでまとめてみました。

米のとぎ汁の水キムチの作り方

水キムチは米麹を使わずに野菜やりんごの皮などについている自然の乳酸菌を使います。

材料

  • 米のとぎ汁:500ml
  • 生姜:2分の1片
  • りんご:4分の1個
  • 人参:2分の1本
  • きゅうり:1本
  • 白菜:4分の1個
  • 砂糖:小さじ1杯
  • 塩:小さじ3杯

作り方

  1. りんごは皮をむかずに使用します。きゅうりや白菜などの野菜は水で洗います。
  2. 鍋に米のとぎ汁、塩、砂糖を沸騰する直前まで温めます。この汁が 乳酸菌の栄養になります。
  3. 米のとぎじるを常温にさましたら、りんご(スライス)、生姜(スライス)を加えすこし置いておきます。
  4. カットした白菜、人参、きゅうりに塩をまぶして10分ほど揉みほして水分を出します。
  5. 水気をよく絞ったら、保存容器に入れて、りんごと生姜をつけたとぎ汁すべてを注ぎ蓋をします。
  6. 直射日光の当たらない場所で、夏場なら半日、冬なら2日置いておきます。発行が進むと少し泡が出てくるので、そうしたら3日間冷蔵庫にいれて追い発行させたら完成です。

Dr.クロワッサン 免疫力を上げる6大発酵食レシピ。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする