[世界一受けたい授業]発酵玉ねぎの作り方 玉ねぎの万能調味料

2021年9月4日に放送された世界一受けたい授業では、家庭でもかんたんに作ることができる発酵食品ベスト5を紹介していました。今回は4品目に紹介された発酵玉ねぎの作り方をまとめました。この発酵たまねぎは、いろいろな料理に加えることができて薬味としての働きもあるそうです。

発酵玉ねぎの作り方

アリシンが発行することで、乳酸菌がアップし、ビタミンB12、アミノ酸などもプラスされ、とても体にとってメリットのある万能食材になるとのこと。

材料

  • 玉ねぎ:1個
  • 塩:適量
  • ジッパー袋

作り方

  1. まず、玉ねぎをしっかりと洗い、みじん切りにします。
  2. ジッパー付きの袋に入れたら塩を加えてもみます。
  3. 水を加えたら、空気を抜き、しっかりと口を閉じて直射日光の当たらない常温の場所に置いておきます。夏場は1日、冬場は6日が目安になります。
  4. 汁が白くなって辛味が抜けて酸味が出ていたら完成です。

Dr.クロワッサン 免疫力を上げる6大発酵食レシピ。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする