[世界一受けたい授業]寝る前のスプーン1杯のはちみつ 9個の睡眠ルーティンまとめ

2021年4月24日放送の世界一受けたい授業では、睡眠の権威のスタンフォード大学教授西野精治先生が教える今夜からよく眠れるという9つの睡眠ルーティンが紹介されていましたのでそれをまとめました。

西野精治先生の9つの睡眠ルーティン

寝るときは横向きに寝る:横向きで寝ると舌が息がしやすくなるので深い睡眠を取りやすくなるとのこと。

寝る前にスプーン1杯のはちみつを取る:はちみつは睡眠時に最適な血糖値を維持してくれるので眠りの質を維持してくれるとのこと。バーブティーや白湯に入れて飲んでもOKとのこと。

保冷剤などで枕を冷やす:枕をあらかじめ冷やしておくことでスムーズに眠りに入ることができるとのこと。

寝る90分前に40度のお風呂に15分浸かる:簡単にいうと体温が下がり自然と眠くなるとのこと。

綿やシルクのパジャマを着て寝る:パジャマを着て寝るだけで起きる回数が減り、途中で目覚めた時間も減ったことが実験で確認できたとのこと。

起きる時間と起きて何をするかをイメージする:起きるイメージをして寝ると起きるときに欠かせないというコルチゾールというホルモンの分泌が上昇し起きてすぐに活動しやすくなるとのこと。

少食をしっかりと噛んで食べる:朝起きたときは脳はまだネタ状態。そこで朝ごはんをしっかりと噛んで食べることで脳に今起きていることを伝える。脳にスイッチを入れることで体にリズムが生まれ夜もしっかりと眠ることができるとのこと。

寝る30分前に耳をマッサージする:毛細血管が多い耳を寝る前にマッサージすることで全身の血行を促進するので眠りやすくなるとのこと。

睡眠を分割する:長い時間眠ることができない人は、分割して睡眠をとることでも良いとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする