[ゲンキの時間]腸ほどきマッサージのやり方 ひねる運動でねじれ腸対策

2021年4月25日放送の健康カプセル!ゲンキの時間では、腸の知識を総チェックというのががてーまでした。そのなかでコロナ禍で運動不足や外出自粛による便秘も増えているとのこと。これは運動不足によってねじれ腸になってしまった可能性もあるとのこと。番組ではこのねじれ腸を解消する腸ほどきマッサージを取り上げていました。詳しく教えてくれたのは便秘治療のスペシャリストで医学博士の水上健先生でした。

腸ほどきマッサージのやり方

日本人の多くの人の腸がねじれていると言われているそうです。この腸のねじれは体をひねる運動、たとえばテニスなどをすることで腸のねじれが緩みやすくなり便がスムーズに出やすくなるとのこと。

そこで先生は1週間で劇的に変化するというねじれ腸解消法を紹介してくれました。

やり方は次のとおりです。

  1. 上半身を左右に20回ひねります。腕の力は抜きながら行うのがポイント。
  2. 仰向けになり、恥骨からおへそに向けて下から上へ持ち上げるイメージで下腹部を1分間押します。強さはお腹が少しへこむくらい程度です。
  3. 朝晩1回ずつ行います。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする