[健康カプセル元気の時間]免疫を上げる朝昼晩の過ごし方!朝は排泄を促す

ゲンキの時間

2021年12月19日放送の健康カプセル!元気の時間では免疫を上げるための朝昼晩の過ごし方を紹介していましたので、その方法をまとめました。

免疫を上げる朝昼晩の過ごし方

朝昼晩に3パターンを順にまとめます。

朝の過ごし方 排泄を促す

免疫を上げるための朝の過ごし方は排泄が重要とのこと。排泄を促す行動は次の4つでした。

  1. 朝は定時に起きる:定時に起きることでズレた体内時計が修正されていき、自律神経が整い排泄できるようになる。
  2. 歯磨きをする:朝起きてすぐに歯をみがく。それから朝食を食べる。朝食と一緒に歯周病菌が腸に行かないようにする。腸内細菌のバランスを崩さないようにする
  3. 1杯の水を飲む:水をのむことで胃腸の運動を促す反応が起きて自然な便意が誘発される。
  4. 朝食を摂る:食べ物が入ると腸が刺激されるだけでなく、咀嚼することでも腸の動きが活発になるとのこと。

昼は気分をリラックスさせる 副交感神経をアップさせる

昼間は緊張状態になりやすいため、時折リラックスすることが大切とのこと。ポイントは副交感神経を活発にすること。そのポイントは次のとおりです。

  1. 目を閉じる:外界からの情報が遮断されリラックスできる
  2. ストレッチ:血流をアップさせることで副交感神経がアップする。
  3. 読書:好きな本を読むと気分転換になり副交感神経が優位になる。
  4. スマホを見る:好きなサイトや動画、ゲームも気分転換になり副交感神経がアップするとのこと。
  5. 音楽を聴く:好きな音楽を聴くと副交感神経が優位になるとのこと。

夜は寝るための準備をする

良い睡眠のための行動は次のとおりです。

  1. 寝る1時間前にお風呂に入る
  2. 笑う:漫才などを見て笑う
  3. 泣く:泣くことも副交感神経をアップさせるので、感動モノの映画などを見るのもOKとのこと。

副交感神経に関する書籍

「ゆっくり動く」と人生が変わる 副交感神経アップで、心と体の「不調」が消える!

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました