[おはよう日本]バリスタのひと手間かけたおいしいコーヒーの入れ方

2021年4月26日放送のおはよう日本ではバリスタの井崎英典さんが教えるひと手間かけてコーヒーをおいしくいれるテクニックを紹介していました。井崎さんはワールド・バリスタ・チャンピオンシップに優勝されている方でイベントなどで美味しいコーヒーの入れ方などを伝えているということでした。

バリスタが教えるおいしいコーヒーの入れ方

コーヒーの最高の一杯に出会うために重要なのは、まずコーヒー豆の成分を100%引き出すことが重要だということでした。

100%のコーヒー豆の成分を引き出すために必要なのがコーヒードリッパーです。

そして測りを使ってきちんとコーヒー豆の量を測ります。これが美味しいコーヒーをいれるだ一歩とのこと。

お湯300mlに対してコーヒーの粉は18gとのこと。

具体的な入れ方

お湯は3回に分けて入れていきます。

  1. 1回目のお湯は蒸らしです。お湯の5分の1を入れて粉全体を蒸らします。ちなみにお湯全体の量は300mlです。そして3回ほどドリッパーを手で3回ほど回すように揺らします。粉全体にお湯を行き渡らせます。1分ほど放置します。
  2. 次に1回目と同じ量のお湯を入れます。フィルターの側面(壁)にもしっかりとお湯をかけて粉全体にお湯を行き渡らせます。
  3. 最後に残りのお湯をすべて注ぎます。そしてまた、3回ほどドリッパーを回します。

このような一手間をかけることでおいしいコーヒーになるということでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする