[それって実際どうなの課]よもぎを採って売るといくら稼げる?

2021年11月4日放送の「それって!?実際どうなの課」タダのモノでいくら稼げるのか?のコーナーではよもぎがテーマでした。よもぎといえば草餅やよもぎ蒸しなどで利用されます。番組ではこの野草のよもぎを集めてきて売るといったいいくら稼げるのかを検証していました。

野草よもぎは実際にどのくらいの値段なのか

フリマアプリなどで調べたところ、乾燥よもぎの値段はなんと!150gで6,500円の値段がつくものが完売していたそうです。

実際にフリマアプリで確認したところ、乾燥よもぎで100g、800円などの値段で売られていました。

3日間の収穫したよもぎを売って値段

結論から言うと、3日間かけて収穫したよもぎを出品したところ売れたのはトータルで933円!ということでした。

売れたよもぎの内訳

  • よもぎの苗1ポット300円
  • よもぎの苗1ポット300円
  • よもぎの苗10本333円

残念ながら乾燥させた乾燥よもぎは売れなかったそうです。3日間収穫したよもぎがすべて売れていたら3万円は超えていたとのこと。

実際はなかなか難しいみたいですね。

乾燥よもぎの通販

きくや よもぎ 乾燥 100g

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする