アスパラガスのだしとツナ缶を使った茶碗蒸しの作り方

あさイチではアスパラの根元に旨味成分があるということでアスパラガスのダシをいかしたで茶碗蒸しの作り方を紹介していました。ポイントはアスパラガスもそうですがツナ缶を使うところにありました。詳しく教えてくれたのは日本料理店の店主をつとめている方でした。

アスパラガスのダシで茶碗蒸し

先程の日本料理の店主の方によると、実はアスパラを生から使うと、アスパラの根元の方からダシがけっこう出てくるということがわかったそうです。

この強い旨味を生かした茶碗蒸しの作り方を番組では紹介していました。

また、この茶碗蒸しは昆布やカツオだしなどは一切使わないとのこと。

ただ、このアスパラの旨味を引き立てるためにツナ缶も使っていました

材料(4人分)

  • 卵:1個
  • 水:210ml
  • ツナ(油漬け):40g
  • 薄口しょうゆ:小さじ1と2分の1
  • アスパラの根元:20g

作り方

  1. ボウルに卵と水を溶きます。
  2. そこにツナをたっぷりと加え、醤油を加えます。
  3. カットしたアスパラガスの根元を茶碗蒸しの容器に入れます。
  4. 次に先程の卵液をかき混ぜながら入れます。
  5. 後は普通の茶碗蒸しと同じように8分ほど蒸せば完成です。

感想

アスパラガスの根元に旨味成分が詰まっているということは知りませんでした。以外にダシとしてもつかえるんですね。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする