ノンストップ 溶けないアイスの作り方のポイント サイエンススーツ

8月12日のノンストップでは、この夏にピッタリなサイエンススイーツ、巷で話題の溶けないアイスの作り方のポイントを紹介していました。詳しく作り方をアドバイスしていた方はケーキデザイナーの太田さちかさんでした。番組では簡単な材料と作り方の工程をざっくり取り上げていました。

溶けないアイスの作り方

番組で取り上げていた溶けないアイスの作り方と材料は次の通りでした。分量については残念ながら紹介されていませんでした。

材料

  • 牛乳
  • 砂糖
  • 粉寒天
  • フルーツ

作り方

  1. 鍋に牛乳、砂糖、粉寒天を入れて中火にかけます。
  2. 沸騰したら弱火にして2,3分温めます。とろみがついたらアイスの型に流し込みます。
  3. そして、アイスの棒をさして、冷凍庫に4時間入れて冷やしたら完成です。

溶けないアイスが溶けない理由

アイスは溶けるものですが、このアイスが溶けにくいのには理由があるそうです。

その理由は寒天を素材に使っているからでした。一度溶かしてから固めた寒天の溶ける温度は70度以上とのこと。

つまり、寒天をアイスに仕込ませることで溶けにくくなるわけです。

他のアイスの記事も参考にしてみてください!

あさイチでは冬アイスでダイエットできるというレシピを紹介していました。それはおからヨーグルトアイスでした。詳しく教えてくれたのは管理栄養士の...
あさイチでは冬に食べる冬アイスを特集していました。その中で、カップアイスを作りたての味わいに変える方法を紹介していました。詳しく教え...
スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする