*

照明器具の電気代を4分の1に節約する方法 照明の数を増やすと節約できる理由

スポンサードリンク

あさイチでは、照明器具による電気代をおよそ4分の1に節約する方法を紹介していました。その方法はLEDに変えるという定番の方法の他に、なんと照明の数を増やすという方法でした。なぜ照明器具を増やと節約ができるのか。

照明の電気代を4分の1にする方法

家の照明器具に工夫を加えることでなんと最大でその電気代を4分の1にまで節約する方法があるという。詳しく教えくれたのは照明プランナーの栗山幸子さんでした。

番組では、夫と妻、子供二人の4人家族で3LDKで暮らすご家庭を取材。この家庭では、こまめに電気を切ったりと節電を心がけている。それでも、リビングの照明だけで年間の電気代がおよそ9000円ほどになるということでした。

リビングにある2つの照明はマンション購入時に付属していた蛍光灯(LEDではありません)で消費電力は68ワット。

照明プランナーの栗山さんは、電気代を節約する2つの方法を教えてくれました。

照明をLEDに変える

LEDは蛍光灯よりも少しの電力で明るく光をだすことができて、1個1個の消費電力が少ないので電気代を抑えるのにLEDに変えることがおすすめだという。これだけで照明にかかる電気代の約4割を減らす事ができるんだとか。

多灯分散 照明の数を増やす

照明の分野では常識と言われているそうですが、照明の数を増やす方が結果的に消費電力が抑えられて電気代の節約ができるということでした。多灯分散(たとうぶんさん)とも呼ばれる手法だという。

例えば多灯分散することで食事の時は食卓だけの電気をつけて、他の照明は消します。ソーファでくつろいでいる時は食卓の照明は消します。このように細かく調節できるので結果的に電気の消費量が減り、電気代の節約になるとのこと。

照明の数を増やす方法

照明の数を増やすと言ってもなかなか難しいと考える人が多いですが、工事なしでも意外と簡単に照明を増やすことはできるとのこと。

例えば、ダクトレールというツールを取り付けることで食卓などの照明を簡単に増やすことができるとのこと。

 

また、テレビの後ろにはバーライトという間接照明をつけたりなどして照明の数を増やします。

先ほどのご家庭のリビングには2つだけの照明しかありませんでしたが、このようなツールを使い照明の数を5つに増やしました。

ここまでで、この家庭の年間の照明の電気代が4360円までに抑えられるたとのこと。さらに、テレビを見る時は天井の照明を消してバーライトのみにしたり、食事の時は照明の数を少なくするといった調節をすると年間の照明の年間の電気代が2000円程度になるということでした。

もとは取れるのか

今回でいうとこの家庭では5つの照明器具を増やしました。通販などで仮に3万円程度かかったとして、年間7千円ほど節約する事ができれば4年ほどで初期投資の費用は4年ほどで回収することができるとのこと。

ただし、メーカー品などを使って照明器具を増やした場合、10万円を超えることもあるので、そうなると初期費用の回収する期間が長くなるので注意が必要です。

いずれにせよ、予め予算の上限を決めて照明器具を揃えるのがポイントとのこと。

LED電球は得なのか

番組では、LEDが実際問題どのくらい得なのか調査していました。810ルーメンという同じ明るさのもとで調べた電気消費量の結果が次のようになっていました。

  • 白熱電球…54W
  • 蛍光灯…11W
  • LED…7.5W

電気消費量でいくと断然LEDがお得になっています。

次に、電気の寿命についても全然違っていました。LEDの方が断然長持ちするという結果になっていました。

  • 白熱電球…2,000時間
  • 蛍光灯…6,000から15,000時間
  • LED…40,000時間

4万時間電気を使ったときの電気代

実際にLEDの電球の寿命を基準にに、4万時間電気を使った場合の電気料金の試算は次のようになるとのこと。

  • 白熱電球…58,320円
  • 蛍光灯…11,880円
  • LED…8,100円

電球の取替料金を除く電気代だけで上記のようになるとのこと。やはり節約という意味ではLEDに変えた方が断然お得感があります。

家庭における電気の消費量トップ4

家庭での電気消費量で意外と多いのが照明器具やテレビ。冷蔵庫に関してはずっとつけっぱなしなので一番消費電力が高いというのは納得です。家の中での電気の消費量ランキングは次のようになるようです。

  1. 冷蔵庫…14.2%
  2. 照明器具…13.4%
  3. テレビ…8.9%
  4. エアコン…7.4%
  5. その他

ここで、節約するとすればやはり照明器具に焦点をあててやっていきたいところです。

ad

スポンサードリンク

関連記事

秋

秋の危ない習慣SPまとめ ホンマでっか10月2日

10月2日の秋の危ない習慣として26のホンマでっかなネタが紹介されていました。26個のまとめは次の通

記事を読む

えいご

英会話上達法SPまとめ 人生が変わる1分間の深イイ話

9月9日の人生が変わる1分間の深イイ話では、英会話の上達法が紹介されていました。英会話・英語をマスタ

記事を読む

hiki_min

だわへしと、キンコンカンとは?春片付けのコツ!あさイチ

スッキリ生活の達人、井田典子さんと子育て真っ最中という片付け上手の井上めぐみさんというスーパー主婦が

記事を読む

By: jeffreyw

豚肉は朝食べると代謝アップと肥満予防効果がある? 初耳学

林先生が驚く初耳学では、豚肉は朝食べると代謝を上げて、肥満予防ができる、卵は夜に食べると美容やエイジ

記事を読む

なぞ

部屋干しのにおい解消・予防 あさイチ6月4日

6月4日のあさイチでは、除菌のほかにも部屋干しのにおいの対策・消し方も紹介していました。いわゆる生乾

記事を読む

okome

今が旬の美味しい新米の炊き方 はなまるマーケット

そろそろ新米が市場に出てくる季節です。毎年実施している日本穀物検定協会の米の食味ランキングがきになる

記事を読む

ブーツ_min

ブーツの臭い対策のコツは足の臭いの原因イソ吉草酸のを消すこと

ブーツの臭対策は、イソ吉草酸という物質を足の臭の成分をなるべく発生させないようにすることがポイント。

記事を読む

トイレ

トイレ便器の輪染みや黒ずみの落とし方!はなまるマーケットで紹介

掃除したつもりでも、隠れた汚れが多い場所がトイレ。こびりついた汚れから雑菌が繁殖したり、臭の原因にも

記事を読む

頭いた

朝食を抜くと脳出血、冷え性のリスクが上がる? 朝食には何を食べると良いのか?

今でしょ講座では朝食を抜くとリスクが高まる病気として脳出血、またリスクが上がる症状として冷え性がある

記事を読む

牛乳

牛乳のお腹ゴロゴロ解消法 乳糖不耐症対策 あさイチ

牛乳が苦手という方が多いと聞きます。牛乳のにおいや味が嫌というかたもいると思いますが、なんといっても

記事を読む

ad

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

By: Wendy Mann
三日坊主を治す方法は脳ポリスをだますこと? 物事が続かない理由

新しく何かを始めたけれど、長く続かず三日坊主で終わってしまうことが多々

By: N i c o l a
照明器具の電気代を4分の1に節約する方法 照明の数を増やすと節約できる理由

あさイチでは、照明器具による電気代をおよそ4分の1に節約する方法を紹介

abi
あびる優さんの夫(才賀紀左衛門)の浮気で離婚の可能性は? 夫婦のルールの存在

格闘家の才賀紀左衛門さんとあびる優さんのラブラブ会見から3年、夫婦の間

By: Deb Nystrom
危険な血圧サージ 突然血圧が高くなる 55mmHg上がると注意?

ガッテンでは、普段血圧が正常値だったが突然脳卒中で倒れた男性を取り上げ

By: Helena Jacoba
間食でやせる? 太った人・夕食が遅い人は間食をとったほうがいい理由

間食はダイエットの大敵と考える人が多いかもしれませんが、太っている人や

→もっと見る

PAGE TOP ↑