モデルの藤井サチさんがスマホ老眼? 1日10間スマホを見る

名医のTHE太鼓判の目の健康調査によると、超セレブモデルの藤井サチさんがなんと老眼の可能性があるという結果になっていました。なんでもスマホの使いすぎが原因で起きるスマホ老眼とのこと。年齢はまだ21歳。この歳で老眼というのも酷な話です。

藤井サチさんの老眼 原因はスマホ?

藤井サチさんは中学時代から近視で、それからずっとコンタクトレンズを使用しているとのこと。最近の目の悩みは疲れ目がひどいとのこと。夕方になると首から肩までガチガチになってしまうということでした。

番組では藤井サチの目を検査。すると、21歳ながら老眼の症状がありとされました。

藤井さんのスマホの使用時間

番組では、藤井サチがどれくらいスマホを見ているのか調査。買い物などはほとんどがスマホを使っているとのこと。

また、あるきながらスマホや食事のときもスマホは欠かせないとのこと。

テレビを見ているときもスマホをするというかなりのヘビーユーザー。

本人曰く、やはりスマホはやめられないとのこと。番組の調査の結果、ある日の1日にスマホを見た時間はトータル10時間を超えていたということでした。

スマホの使いすぎのスマホ老眼の仕組み

眼科の専門医によると、スマホを使いすぎると老眼になるとのこと。

目は、遠くや近くを見る時に毛様体筋という筋肉を使って水晶体というレンズを伸ばしたり縮めたりしてピントを合わせているという。

一般的には、加齢によって毛様体筋や水晶体が固くなって近くにピントが合わなくなるという老眼になるとのこと。

スマホ老眼は、若くても起こりうる老眼で、長時間近い距離でスマホを見続けることが原因で毛様体筋が固くなりピント調節が効かなくなるとのこと。

さらに、スマホをから発するブルーライトは他の電子機器の中で最も強く目に負担となるとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする