世界一受けたい授業 体幹トレーニングのやり方と効果

1日たった10秒のエクササイズで鍛えることができるという簡単な体幹エクササイズのやり方が世界一受けたい授業で紹介されていました。この体幹エクササイズを伝授するのは早稲田大学准教授の広瀬統一先生。先生はなでしこジャパンのフィジカルコーチも務めている。世界に負けない強い体をトレーニングで作り上げた。

体幹エクササイズの効果

体幹を鍛えると姿勢が良くなるだけでなく、ウエストが細くなるといった効果が期待できる。また、腰痛になりにくい体が作られる。といった効果が期待できるという。

スポーツ選手だけでなく広く一般的に体幹を鍛えることはメリットが大きい。

先生がそこでお家でも簡単に鍛えることができる体幹トレーニングのやり方を伝授。

体幹トレーニングのやり方

階段がらくらく上れるトレーニング

階段を楽に上れないという方は体の軸がぶれていてバランスがなくなっている証拠。こういう人は高齢になると転びやすくなるという。体幹を鍛えてバランスを改善することが大切。

①椅子に浅く腰掛ける
②腰に手を当てて、ひざを伸ばして元に戻す。
③これを左右の足で1日10回行う

この体幹トレーニングにで腹横筋を鍛えることができる。

体が引き締まる体幹トレーニング

特におへそ周りがしっかりと引き締まる体幹トレーニング。くびれができるうようになる。

①脚を肩幅に開き、ひじを肩の下に置く
②ひざを腰を浮かせる。頭からかかとが一直線になるようにする。
③これを10秒間キープする。

さらに余裕のある方は

④この状態から右手、左脚を浮かせる
⑤これを10秒キープ。次にもう片方も行う。

これは腰痛予防、改善に効果があるそうです。

この体幹トレーニングを2週間続けた方は、足取りが軽くなり、腹筋回数も倍近くできるようになっていた。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする