丁医師流の簡単朝カレーの作り方! 朝カレーダイエット 主治医が見つかる診療所

朝カレーダイエットって聞いたことがあると思います。このダイエット法は意外と効果があるらしいです。実際に漢方医の丁医師が体で証明、なんと朝カレーをはじめる前は、体重が78kgそれが、朝カレーをはじめてから62kgへと15kg以上もやせることに成功したそうです。主治医が見つかる診療所では、この丁医師の簡単朝カレーの作り方も紹介していました。

カレー_min

スポンサーリンク
広告(PC)




朝カレーのメリットは3つある

交感神経に切り替えができる。活発に活動するときに活動するときに働く自律神経。体にスイッチが入る

脳を活性化してくれる。先生が実際に行っている実験によると、脳の血流量が増えることがわかっている。スパイスの働きにより脳が活性化

代謝をあげる。人によっては代謝が50%以上がる人がいる。脂肪が燃えやすい体になるつまりやせやすい体になるという。実際にサーモセンサーで見ると、カレーを食べた後の方が皮膚の表面温度もアップしている。また、深部体温も上昇する。これは代謝がアップしている証拠。

ちなみに、カレーはレトルトカレーでもいいという。

丁先生の簡単朝カレーレシピの作り方

朝カレーといっても、いちいちまともに朝にカレーを作るのは大変です。でも、そんなに手間を取らないで簡単に作ることができるカレーがあるという。

①サバ缶を1個用意する

②豆乳を600ccとカレールー(甘口か中辛)100gを鍋にいれて、あまり煮立て過ぎないように混ぜる。煮込みすぎるとカレーの薬効も失われてしまうという。

③カレールーが溶けたら速やかにサバ缶のサバを投入する

④さらにさっと火を通して、最後に山椒をかけて完成

およそ10分で簡単に作ることができる。

朝にしっかりとカレーライスを食べることで、満腹中枢が刺激され、1日のドカ食いなども減って、継続的なダイエットを続けることもできるという。カレーだけでなく、しっかりとライスを食べることも、朝カレーダイエットのポイントなんだとか。

このカレーの作り方はとても簡単で便利。朝食のメニューに困った時はいつもこのカレーを作っています。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする