サタデープラス しらいのりこさんのよだれ鶏の作り方 ピリ辛レシピ

8月8日のサタデープラスでは料理研究家のしらいのりこさんが教える、ご飯がすすむ夏のピリ辛おかずベスト3レシピを紹介していました。今回は3位のよだれ鶏のレシピの作り方をまとめました。レンチンで超簡単に作ることができてかつタレが病みつきになるほどイケてるということでした。

よだれ鶏の作り方と材料

それではピリ辛レシピ3位のよだれ鶏の作り方と材料の作り方についてまとめていきたいと思います。

材料(二人分)

まずは蒸し鶏の材料は次の通りです。

蒸し鶏の材料

  • 長ネギの青いところ:5センチ
  • 生姜スライス:4枚程
  • 酒:小さじ2
  • 塩:小さじ2分の1
  • 鶏むね肉1枚:300g

たれの材料

  • 万能ねぎ
  • 生姜:1片
  • ラー油:適量
  • ニンニク:2分の1片
  • 砂糖:大さじ1
  • 醤油:大さじ2
  • 黒酢:大さじ2
  • 白ごま:大さじ2
  • ごま油:大さじ1

作り方

  1. まずは鶏むね肉にフォークで穴を開けます。
  2. そこに塩と酒をかけてポリ袋に入れてよくも見込むように混ぜます。お肉をも見込むことでとてもジューシーになります。
  3. 次に長ネギと生姜を同じポリ袋のなかに入れます。そして耐熱ボウルに水を入れて袋ごと水に沈めて真空状態にします。
  4. そして電子レンジで10分加熱します。
  5. 続いてピリ辛ダレを作ります。容器にたれの材料を入れていきます。まず醤油、砂糖、刻み生姜、すりおろしニンニクで香りを立たせていきます。そしてラー油や残りの調味料を加えて混ぜたらピリ辛ダレの完成です。
  6. 仕上げに切った蒸し鶏にたれをかけ、ネギで彩を添えたら完成です。

感想

鶏むね肉は低カロリーでたんぱく質も豊富。しかもピリ辛ダレが効いていご飯が進みます。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする