りんごは加熱するとペクチンが9倍にアップし便秘解消 特製りんごソースと焼きリンゴの作り方

今でしょ講座では特製りんごソースの作り方と焼きリンゴを紹介していました。なんでもりんごを加熱して食べることでペクチンという成分が6倍から9倍に増えるとのこと。これによって便秘解消効果が期待できるとのこと。詳しく教えてくれたのは青森県立保健大学の井澤先生でした。

りんごを加熱するとペクチンが9倍に増える理由

りんごには腸に良い働きをするという成分ペクチンが含まれているとのこと。

ペクチンはりんごだけでなく多くの果物にも含まれていて、その特徴としては自然に固まる性質があるとのこと。

ペクチンの働き

ペクチンは腸内の不要なものを排出するのを助ける働きがあるとのこと。

つまりお通じの改善も期待できるとのこと。

ペクチンを増やす方法は加熱すること

ちなみにペクチンを多く含んでいるりんごの品種は王林とのこと。

このペクチンを増やす調理法としては加熱することだということでした。番組ではそのりんごを加熱調理するメニューとして焼きリンゴと特製りんごソースを紹介していました。

特製りんごソースの作り方

特製りんごソースの材料と作り方は次のとおりでした。

材料

分量はちょっと不明でした。

  • お酒:
  • しょうゆ:
  • 生姜:
  • りんご:
  • ジャム:

作り方

  1. 鍋にお酒としょうゆを入れて煮ます。
  2. 次にみじん切りにした生姜とりんご、ジャムを加えてひと煮立ちさせたら完成です。

焼きリンゴの作り方

続いて焼きリンゴの作り方はとても簡単でした。

  1. りんごの芯をくり抜き増す。
  2. 続いてそこに砂糖やバターを入れます。
  3. そして電子レンジで5分温めたら完成です。

まとめ

意外と簡単に焼きリンゴを作ることができるので試してみると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする