名医のTHE太鼓判 冷めたおにぎりが美味しくなる握り方

名医のTHE太鼓判では冷めたおにぎりでも美味しくなるおにぎりの握り方を紹介していました。ポイントはなんとおにぎりを握らないことだということでした。ちょっと気になったのでまとめてみました。

冷めたおにぎりが美味しくなる握り方

当然いきなり炊きたての温かいごはんをつかって握るというわけではなく炊きあがったご飯に下処理をします。

ご飯の水分を飛ばす

職人の方がまず最初に行ったのは炊きあがったご飯をバットに移すことでした。

そしてお米をヘラで切るようにほぐしていきます。

熱々のご飯は水分を沢山含んでいるのでこのようにして水分を飛ばすんだそうです。

おにぎりを握らない

重要なのが握り方ですが、職人によるとポイントは握らないことだということでした。

ご飯を手のひらにふんわり形を整えます。そして指の腹でさらに優しく形を整えるだけでした。

このように隙間を作ることで冷めても硬くならずに済むとのこと。

感想

おにぎりを握るときはぜひ食べしてみたいものです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする