たけしの家庭の医学 ナスの塩漬けの作り方 アントシアニンで糖尿病予防に

たけしの家庭の医学では糖尿病を予防する栄養素としてアントシアニンを取り上げていました。その中でアントシアニンを豊富に含んでいるナスを使ったレシピ、ナスの塩漬けの作り方を紹介していました。

ナスの塩漬けの作り方

番組で紹介していたナスの塩漬けの作り方と材料は次のとおりでした。

材料

  • ナス:3本
  • 生姜:1かけら
  • 水:200ml
  • 塩:小さじ1
  • 昆布:1×5センチ1枚

作り方

  1. ナスはヘタを取り縦半分にカットしたら、斜めに切っていきます。厚さは食べやすい大きさでOKです。
  2. ポリ袋を用意します。これにカットしたナスを入れます。
  3. さらに千切りにした生姜を香り付けに入れます。
  4. 次に昆布をハサミなどで細切りにしたものを加えます。
  5. 次に水と塩を加えて1時間ほど冷蔵庫に入れて置きます
  6. あとは袋の角を切ってから水抜きをして絞りり出せば完成です。

感想

ナスの塩漬けにすることで、ナスのアントシアニンを損なうことなく摂取することができるとのこと。

アントシアニンは加熱に弱いので注意です。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする