世界一受けたい授業 炊飯器で作る渋川流サラダチキンの作り方

世界一受けたい授業では炊飯器を使ったサラダチキンの作り方を紹介していました。サラダチキンは高温で茹でるとお肉が硬くなってしまいます。このデメリットを炊飯器を使うことで解消することができます。詳しく教えてくれたのは横浜国大の名誉教授 渋川祥子先生でした。

炊飯器で作る特製サラダチキンの作り方

ポイントはタイトルのとおりですが、サラダチキンを作るときに炊飯器を使用することでした。炊飯器の保温機能を使うことでお肉がとってもジューシーになるとのこと。

材料

  • 鶏胸肉:適量
  • お湯:適量

作り方

  1. まずは鶏胸肉の皮をはぎます。
  2. 塩コショウで味付けします。
  3. 鶏胸肉を密閉袋に入れて空気を抜きます。
  4. 70度のお湯を注いだ炊飯器に密閉袋ごと鶏肉を入れます。
  5. あとは1時間程度保温するだけで完成です。

なぜ炊飯器で柔らかくなるのか

肉などのタンパク質は70度を超えると固くなります。そのため熱湯で肉を茹でるとパサパサになります。

しかし、炊飯器の保温機能で加熱することで60度から70度をキープするのでジューシになるということでした。

感想

サラダチキンがどうもうまく作ることができないという人は参考になるかも。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする