酢たまねぎの作り方 脱脳梗塞!

酢たまねぎというのをご存知でしょうか? 今ちょっと巷で人気の常備菜として注目を集めているそうです。というのも、玉ねぎにふくまれる成分が血管を若返らせると学会でも取り上げられて注目されているという。玉ねぎで血液がサラサラになるというのはよく知られている健康知識です。

この玉ねぎのタマネギエキスの中に含まれる、ケルセチンという成分が、血管の老化を進める活性酸素と呼ばれる物質を除去するから、血管が若返ったのではないかと断定されている。

ケルセチンの特徴として、水に溶けやすいというのがあり、普通に調理してしまうとその成分が流れでていってしまうことになる。

そこで、酢たまねぎにすることでこのケルセチンを減らさずにたまねぎを食べることができる。いわゆるピクルスのようなものですね。

酢たまねぎの作り方

必要な材料は玉ねぎ2個と酢300ml、ハチミツ300ml

①まず、鍋に酢とハチミツを入れて加熱して軽く煮立たせる
②玉ねぎをみじん切りにして、その鍋に加える
③かき混ぜながら強火で2分加熱する。

たったこれだけで酢玉ねぎの完成。

1日に大さじで3杯ほど食べると健康的に良いそうです。気になる方はためしてみるといいかも。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(PC)