ひじきは砂糖水で戻すと伊勢ひじきのように柔らかくなる理由

得する人損する人では、家事えもんがひじきを使ったダイエットレシピのサラダお好み焼きを紹介していました。なんでも、ひじきは砂糖水で戻すと良いとのこと。これは伊勢ひじきのように柔らかくなるとのこと。このようにすることでダイエット効果もアップするとのこと。

ひじきは砂糖水で戻すと伊勢ひじきのようになる?

三重県ではよく、地元産の伊勢ひじきを食べる人が多いようです。伊勢ひじきは一般的なひじきよりも大きくて柔らかいとのこと。

専門家によると、ひじきにはごぼうの約7倍の食物繊維が含まれているとのこと。

食物繊維は余分な脂質の吸収を抑制し腸内環境を改善する働きがあるのでダイエットには効果的な食材とのこと。

特に、伊勢ひじきは柔らかいので食物繊維が分散し腸内全体に広がりやすいとのこと。

ひじきを砂糖水で戻す効果

砂糖水でひじきをもどすとなぜ早く柔らかくなるのか。それは浸透圧のおかげだという。

ひじきは微量の糖分が含まれていて水に砂糖をいれることで、ひじきの中と外で糖分濃度の差がうまれて、濃度に差があると濃い方から薄い方に移動する原理で砂糖水がひじきの中に入り、真水で戻すより多く水分が入り柔らかくなるとのこと。

サラダお好み焼きの作り方

家事えもんがダイエットレシピとして教えてくたのはひじきをつかったサラダお好み焼きでした。作り方は次のとおりでした。

材料

  • もやし…40g
  • レタス…お好み
  • ミニトマト…適量
  • ひじき…70g
  • 小麦粉…大さじ3
  • チーズ…大さじ2
  • 卵白…1個

作り方

  • ひじきは砂糖水でもどします。
  • 小麦粉大さじ3をボウルにあけて、粉チーズを大さじ2加えます。
  • さらに、長さを半分にちぎったもやし40gと卵白、柔らかくもどしたひじき70gを加えて混ぜ合わせます。
  • 脂を引いたフライパンで片面4分両面焼きます。
  • 後はトッピングに、お好みでミニトマトやレタス、卵黄などを加えて完成です。
スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする