デブ菌を退治する方法は酢キャベツにあり!1日に毎食小皿1杯がオススメ

食事制限でも痩せない人、すごく食べていても痩せている人の差はデブ菌にあるかもしれないそうです。このデブ菌はフィルミクテス門と呼ばれるそうです。世界一受けたい授業では、デブ菌を退治する方法と撃退するためのレシピとして酢キャベツを紹介していました。デブ菌の名付けの親としても有名な東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎先生が詳しく教えてくれました。

スポンサーリンク
広告(PC)




デブ菌(フィルミクテス門)を退治する方法とは?

デブ菌は、フィルミクテス門と呼ばれる菌で糖や脂肪を溜め込む性質があるため、少ない食べ物でも大量のエネルギーを吸収するため太りやすくするとのこと。

つまり、太りたいと思っている人以外はあまり好ましい菌では無いようです。

藤田先生によると、デブ菌はラーメンや揚げ物などが大好物で食べ続けていると、デブ菌はどんどん増えるとのこと。

デブ菌が増えてしまう理由

先生によると、腸の中の善玉菌と悪玉菌のバランスが、デブ菌の増殖に関係しているとのこと。

腸内には、善玉とも悪玉とも言えない日和見菌(ひよりみきん)が存在していて、その中に脂肪を溜めようとするデブ菌と燃焼させようとする痩せ菌が存在しているとのこと。

悪玉菌が多くなると、その勢力が拡大し日和見菌の中でもデブ菌が増えてしまうとのこと。

デブ菌チェック

番組では、自分の腸がデブ菌が優勢なのかどうかをチェックするチェックシートを紹介していました。いくつ当てはまるかチェックしてみましょう。

  • 少食なのに太っている
  • ダイエットしても痩せない
  • 発酵食品はあまり食べない
  • かぜを引きやすい
  • 肌の調子が悪い
  • 運動はあまりしない
  • 大便・おならがすごく臭う
  • 便秘・下痢をすることが多い

先生によると、2個以上当てはまる場合は、すでにデブ菌が増えているか、これから増える可能性があるとのこと。

デブ菌の撃退法は食生活にあり

デブ菌を退治して腸内をリセットするには、食生活がとても重要とのこと。

デブ菌の好物は高脂肪高カロリーな食べ物。揚げ物やスナック菓子を食べ続けるのはデブ菌にエサを与えているのと同じだという。

逆に食物繊維が多い食べ物などの低脂肪な食べ物はヤセ菌の好物なのでおすすめだという。

酢キャベツの作り方 デブ菌撃退レシピ

先生によるとデブ菌撃退に効果的なのはキャベツとお酢を組み合わせたものだということでした。特に酢キャベツは効果的とのこと。

酢キャベツの作り方は次の通りでした。

  • 袋にキャベツ(2分の1個)を千切りにしたものをいれて、塩(小さじ2)を加えて、しんなりするまで揉み込みます。
  • そして袋にお酢(200ml)を加えて軽くもみます。
  • そして、冷蔵庫で半日漬け込むと完成です。

キャベツに含まれている食物繊維はデブ菌の繁殖を抑える働きがあるそうです。

さらに、お酢は悪玉菌の繁殖を防ぐ効果があるとのこと。

1日に酢キャベツを食べる量

次に、1日の酢キャベツの食べる量ですが、先生によると毎食100gで小皿1杯程度とのこと。

味噌汁にこの酢キャベツを加えたり、ハンバーグに仕込ませたりとアレンジのやり方もたくさんあるのでとても便利です。

デブ菌撃退運動 腸を刺激するエクササイズ

さらに、デブ菌を撃退するための方法として運動も重要だということでした。

先生が教えてくれたのは腸を動かす運動でスカイツリー体操というものでした。やり方は次のとおりでした。

  • 足を肩幅に開きます。
  • 手を上に伸ばして交差させます。この時肩甲骨同士を引き寄せるようにします。
  • 次に息を吐きながら体を左に倒します。そして戻します。同じように右もやります。
  • 次に体を前に倒します。
  • 気が向いた時に行うと良いそうです。

腸を伸ばすというイメージで行うと効果的とのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする