[あさイチ]短鎖脂肪酸を増やす朝食 スペシャルボウルの作り方

2021年6月7日放送のあさイチでは、短鎖脂肪酸を増やす方法を紹介していました。タレントの菊地亜美さんは番組内でお腹の悩みを解消するべく短鎖脂肪酸を増やす企画に挑戦していました。この短鎖脂肪酸を増やすためには腸内の善玉菌に餌を与えることが大切とのこと。この腸内細菌が発酵食品などの餌を食べることで作られるのが短鎖脂肪酸でした。

菊地亜美さんの短鎖脂肪酸を増やした朝食スペシャルボウル

お腹の悩みを抱えるという菊池さん。便の中にあるという短鎖脂肪酸を調査したところ健康な人と比べて少ないことがわかりました。

そこで、菊池さんは短鎖脂肪酸を増やすためのチャレンジ企画に挑戦しました。

それは、専門家が教える発酵性食物繊維がたくさん取れるスペシャルボウルでした。

これを毎日10日間食べるというものでした。

スペシャルボウルの作り方

気になるスペシャルボウルの中身は次のようになっていました。

  • オートミール:15g
  • キウイ:2分の1個
  • 小麦ふすまのシリアル:15g
  • ヨーグルト:100g

ご飯やパンの代わりに朝に食べると4時間後くらいから10時間の間に腸内で発酵が起こり短鎖脂肪酸が出やすい状態になるとのこと。

短鎖脂肪酸のパワー

ちなみに短鎖脂肪酸が増えると体にとって美味しい点は次のとおりです。

  • 肥満を防ぐ
  • 血糖値を下げる
  • 免疫機能の正常化

スペシャルボウルを10日食べ続けた結果

ちなみに菊地亜美さんがスペシャルボウルを10日間食べ続けた結果、短鎖脂肪酸が80%ほど食べる前と後で比較すると増えたとのこと。

野菜とダイエットに関する書籍の紹介

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする