タオルは洗う前に水につけて、洗ったら20回パタパタするとフワフワになる

あさイチでは、タオルをフワフワにする簡単な裏技を紹介していました。なんでも洗濯機で洗った後に20回ほどタオルをパタパタをするだけでフワフワなるそうです。また、タオルを長持ちさせる洗い方も紹介していました。詳しく教えてくれたのはタオルの達人の阿部さんでした。

タオルは洗ったらパタパタする

阿部さんが必ずやっているというタオルを干す前のひと手間があるそうです。これを行うだけでもかなり違うとのこと。

それは、パタパタとホコリを払うようにすることでした。

これはホコリを払っているのではなく、寝ちゃった毛を立てているとのこと。

パタパタする理由

洗濯したあとのタオルの表面の繊維は潰れてしまっています。このまま乾かすと肌触りがゴワゴワしてしまうとのこと。

一方、干す前に20回ほどパタパタした後のタオルの繊維は立ち上がっています。

こうするとタオルを触った後、ふんわりとしていて気持ちいい感じになるとのこと。

タオルは洗う前に水につける

達人が教えてくれたタオルを長持ちさせる洗濯方法は、ひとまずタオルを水につけることでした。

このように水に浸けて濡らしてから洗濯することで、タオルが擦れにくくなり傷みにくくなるとのこと。

感想

タオルの洗い方一つでも仕上がり方が違うみたいですね。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする